Tag: data connectivity



  • freee 受発注 API をドライバー化:各種ツールから接続してみた

    by CData Software Japan | September 13, 2021

    こんにちは。CData Software Japanリードエンジニアの杉本です。 本記事では、各種 Web API を ODBC / JDBC / ADO.NET といった標準のDB接続規格でアクセスできるようにするCData API Driverを用いて、freee スマート受発注 の API を各種ツールから接続する方法を紹介します。 Excel や Access ・Power BIなどのエンドユーザーが利用するUIベースのツールはもちろん、Visual Stduioや Eclipse といった開発ツールからも接続することが可能です。 対象 API 実現イメージ 各種接... [read more]


  • freee 人事労務 API をドライバー化:各種ツールから接続してみた

    by CData Software Japan | September 09, 2021

    こんにちは。CData Software Japanリードエンジニアの杉本です。 本記事では、各種 Web API を ODBC / JDBC / ADO.NET といった標準のDB接続規格でアクセスできるようにするCData API Driverを用いて、freee 人事 労務 の API を各種ツールから接続する方法を紹介します。 Excel や Access ・Power BIなどのエンドユーザーが利用するUIベースのツールはもちろん、Visual Stduioや Eclipse といった開発ツールからも接続することが可能です。 対象 API 実現イメージ 各種接続シ... [read more]


  • クラウド会計 freee の API をドライバー化:各種ツールから接続してみた

    by CData Software Japan | August 19, 2021

    こんにちは。CData Software Japanリードエンジニアの杉本です。 本記事では、各種 Web API を ODBC / JDBC / ADO.NET といった標準のDB接続規格でアクセスできるようにするCData API Driverを用いて、会計 freee の API を各種ツールから接続する方法を紹介します。 Excel や Access ・Power BIなどのエンドユーザーが利用するUIベースのツールはもちろん、Visual Stduioや Eclipse といった開発ツールからも接続することが可能です。 対象 API 実現イメージ 各種接続シナリオ... [read more]


  • CDataSyncに変換機能が追加 - ELTのT(Transformetion)が大幅に強化

    by CData Software Japan | May 31, 2021

    CData Japanテクニカルディレクター桑島です。 本記事ではCDataSyncの新バージョン(V21)で追加された変換機能についてご紹介します。変換機能の追加によって、データウェアハウスにデータをロードした後のデータマートの作成処理やデータウェアハウスをクリーンに保つための処理などがCDataSyncだけで実現できるようになりました。 ELTのTとは 変換機能とは 利用ユースケース データマートの作成 スナップショットの作成 データウェアハウスのクリーニング まとめ ELT のTとは データウェアハウスにデータを収集して活用できる状態にするには、ETL/ ELT と呼... [read more]


  • SQLServerのChangeTracking 機能による差分更新をサポートしました:CData Sync

    by CData Software Japan | May 28, 2021

    こんにちは、テクニカルサポートエンジニアの宮本( @miyamon44 )です。 CData Sync の2021年バージョンでは大きな機能追加がいくつかあり、今回は SQLServer の Change Tracking 機能による差分更新方法についてご紹介していきます。 www.cdata.com Change Tracking 機能とは Change Tracking(CT) とは SQL Server にて変更情報を保持する機能になります。 SQLServer では同じような機能で Change Data Captrure(CDC) がありますが、これらの大きな違い... [read more]