CASE STUDY

ウイングアーク1st

ユーザーのデータ活用、業務自動化、AI、IoT など幅広いデータニーズに素早く対応可能に





ビジネスのストーリーを紡ぐヒト・モノ・あらゆるデータを可視化する人気のBI ダッシュボードツール「MotionBoard」におけるSaaS およびNoSQL 連携にCData JDBC Drivers が採用されました。複雑なクラウドデータやNoSQL データへの連携の標準化に成功し、ユーザーの多様なデータのビジュアライズ、業務自動化やAI 活用、IoT での利用などをスピーディにサポート可能に。


Challenges:

  • 増加するSaaS や、NoSQL への対応
  • API のJSON の構造、クエリ、認証などの仕様がサービス毎に大きく異なる
  • “実データを触らないとわからない”

Solutions:

  • CData JDBC Drivers の組み込み
  • ユーザーへの追加データソース課金なし
  • ウイングアークが主催するデータ活用コンテスト「Datalympic」 などで新しいデータに触ってもらう機会を拡大

MotionBoard のデータソース拡充を担当されている技術本部 MotionBoard 開発部 アーキテクト高橋慶氏にお話を伺いました。

Q: 昨今のBI のニーズ変化は?

高橋氏: BI のニーズはもう決まった業務データをダッシュボードで可視化するということに留まりません。業務データやIoT のデータに対し、閾値を設定してのアラートや、社内のコミュニケーション基盤との連携、AI プラットフォームとの連携などよりインテリジェントな活用が増えています。BI の操作もベンダーではなく、ユーザーが自律して使うように変化しています。それにともない、「こんなデータも分析したい」という声が多く聞かれるようになりました。リクエストが多いものがSaaS データや、NoSQL データです。
ユーザーはデータをつなぎたいわけではありません、分析したいのです。なのに多くの時間をデータをつなぐことに割かなければならないのは大きな問題でした。従来の方法ではそこからAPI の公開有無を調べ、開発アカウントを取得して、そこから開発です。そのうえ、それぞれのAPI レスポンスのネスト構造、クエリ方法、ページング、認証といった連携方法が大きく異なるため、MotionBoard でデータを使えるようにするには多くの時間とコストが必要でした。

Q: CData JDBC Drivers を選んだポイントは?

高橋氏: 100 を超えるデータソースをMotionBoard で使いやすいテーブルデータにしてくれること、それにより、ユーザーからデータ活用ニーズがあったときにすぐにデータを使える環境を提供できる点に尽きます。認証、REST のテーブル化処理、クエリといったデータ接続に手間取る部分をすべてドライバーで対応してくれます。グローバルなデータソースに加え、kintone やPCA 会計などの日本のデータソースもサポートしている点もありがたいです。

Q: 増加したデータソースは、どのような普及方法を考えていますか?

高橋氏: MotionBoard の現行版では4 データソース、近く26 データソースが利用可能になります。MotionBoard の一定のプランのユーザーは追加課金なしで、これらのデータソースを使うことができます。とにかくユーザーには煩わしさを感じずにデータを使ってほしい。これが「Data Empowerment Company」である当社の方針です。

そんな思いから、当社製品を使ったハッカソンであるDatalympic 2019 https://www.wingarc.com/datalympic2019/ では、CData の全データソースラインアップを利用可能にします。

NoSQL やTwitter などのSNS、Twilio などの電話・SMS、各種オープンデータなど多様なデータソースを自由に使っていただいて、新しいデータ活用の方法を見つけてください。







Connectivity is our Core: Any source, Any technology, Any platform.

CData Software (www.cdata.com/jp/) is a leading provider of data access and connectivity solutions. We offer a straightforward approach to integration, with easy-to-use, data providers, drivers, and tools available from any technology capable of interacting with major data standards.

Learn More





* All product names, trademarks and registered trademarks are property of their respective owners. All company, product and service names used in this website are for identification purposes only. Use of these names,trademarks and brands does not imply endorsement.

 
 
ダウンロード