BI ダッシュボード「MotionBoard」にCData JDBC Drivers を組み込み

ユーザーのデータ活用、業務自動化、AI、IoT など幅広いデータニーズに素早く対応可能に

ビジネスのストーリーを紡ぐヒト・モノ・あらゆるデータを可視化する人気のBI ダッシュボードツール「MotionBoard」におけるSaaS およびNoSQL 連携にCData JDBC Drivers が採用されました。複雑なクラウドデータやNoSQL データへの連携の標準化に成功し、ユーザーの多様なデータのビジュアライズ、業務自動化やAI 活用、IoT での利用などをスピーディにサポート可能に。


Challenges:

  • 増加するSaaS や、NoSQL への対応
  • API のJSON の構造、クエリ、認証などの仕様がサービス毎に大きく異なる
  • “実データを触らないとわからない"

Solutions:

  • CData JDBC Drivers の組み込み
  • ユーザーへの追加データソース課金なし
  • ウイングアークが主催するデータ活用コンテスト「Datalympic」 などで新しいデータに触ってもらう機会を拡大

MotionBoard のデータソース拡充を担当されている技術本部 MotionBoard 開発部 アーキテクト高橋慶氏にお話を伺いました。

Q: 昨今のBI のニーズ変化は?

高橋氏: BI のニーズはもう決まった業務データをダッシュボードで可視化するということに留まりません。業務データやIoT のデータに対し、閾値を設定してのアラートや、社内のコミュニケーション基盤との連携、AI プラットフォームとの連携などよりインテリジェントな活用が増えています。BI の操作もベンダーではなく、ユーザーが自律して使うように変化しています。それにともない、「こんなデータも分析したい」という声が多く聞かれるようになりました。リクエストが多いものがSaaS データや、NoSQL データです。
ユーザーはデータをつなぎたいわけではありません、分析したいのです。なのに多くの時間をデータをつなぐことに割かなければならないのは大きな問題でした。従来の方法ではそこからAPI の公開有無を調べ、開発アカウントを取得して、そこから開発です。そのうえ、それぞれのAPI レスポンスのネスト構造、クエリ方法、ページング、認証といった連携方法が大きく異なるため、MotionBoard でデータを使えるようにするには多くの時間とコストが必要でした。

Q: CData JDBC Drivers を選んだポイントは?

高橋氏: 100 を超えるデータソースをMotionBoard で使いやすいテーブルデータにしてくれること、それにより、ユーザーからデータ活用ニーズがあったときにすぐにデータを使える環境を提供できる点に尽きます。認証、REST のテーブル化処理、クエリといったデータ接続に手間取る部分をすべてドライバーで対応してくれます。グローバルなデータソースに加え、kintone やPCA 会計などの日本のデータソースもサポートしている点もありがたいです。

Q: 増加したデータソースは、どのような普及方法を考えていますか?

高橋氏: MotionBoard の現行版では4 データソース、近く26 データソースが利用可能になります。MotionBoard の一定のプランのユーザーは追加課金なしで、これらのデータソースを使うことができます。とにかくユーザーには煩わしさを感じずにデータを使ってほしい。これが「Data Empowerment Company」である当社の方針です。

そんな思いから、当社製品を使ったハッカソンであるDatalympic 2019 https://www.wingarc.com/datalympic2019/ では、CData の全データソースラインアップを利用可能にします。

NoSQL やTwitter などのSNS、Twilio などの電話・SMS、各種オープンデータなど多様なデータソースを自由に使っていただいて、新しいデータ活用の方法を見つけてください。

Get started with CData today