MarkLogic BizTalk Adapter

MarkLogic 向け高機能BizTalk アダプター

MarkLogic データをBizTalk オーケストレーションに統合。 MarkLogic Adapters で、データの同期、自動化、バックアップを自在に。

  • RDB 向けのBizTalk アダプターと同感覚で使えるMarkLogic アダプター。
  • MarkLogic のスキーマ検出およびスキーマ定義に対応。
  • 受信および送信アダプターを完備。

  ベータ版ダウンロード

CData BizTalk Adapter for MarkLogic

Connect BizTalk Workflows With MarkLogic Data

CData BizTalk Adapter for MarkLogic では、SQL クエリおよびストアドプロシージャを使ってMarkLogic data をポーリングできます。アダプターにより、MarkLogic エンティティのXML ビューが作成され、エンティティは標準XML メッセージとして動作します。

BizTalk 統合の方法<

BizTalk オーケストレーションに MarkLogic エンティティを簡単に設定できます。

  1. Receive Location の設定。
  2. 選択したMarkLogic エンティティのスキーマを作成。
  3. 標準BizTalk 技術でBizTalk Workflow をデザイン。

MarkLogic エンティティの更新、挿入、削除には、Send Port を設定し、receive updategram をバインドします。

 
 
ダウンロード