SQL Gateway とは?

SQL Gateway は、ODBC データソースをSQL Server もしくはMySQL インターフェースでのアクセスを可能にする、インストール型のアプリケーションです。 本記事では、SQK Gateway の概要および機能説明をします。

Contents

SQL Gateway は何をするソフトウェアですか?

SQL Gateway は、ODBC データソースにMySQL もしくはSQL Server(TDS)プロトコルを使ったリモートアクセスを実現します。 管理ツール画面のGUI 設定操作だけで、ネイティブODBC Driver、有償もしくは無償のサードパーティODBC Driver の接続が可能です。 SQL Gateway はサーバーにインストール可能で、ローカルアクセスを許容するだけでなく、ゲートウェイを使ってリモートアクセスも許容します。

MySQL リモーティング

言語、ツール、プラットフォームがネイティブでMySQL データベースをサポートしているなら、SQL Gateway ですぐにODBC データソースへの連携を構築できます。 例えば、Google Apps Script、PHP、Jaspersoft、Crystal Reports、などをイメージしてください。 SQL Gateway はODBC データソースをMySQL データベースとして機能させます。

SQL Server (TDS) リモーティング

TDS リモーティングを使って、ODBC データソースのリンクサーバー をSQL Server 上に構築できます。 SQL Server クライアントからデータソースにアクセスすることで、パフォーマンス向上と使い慣れたSQL-92 でのアクセスを実現できます。 リンクサーバーという使い慣れた技術で、100を超えるクラウドサービス、NoSQL に接続できることは大きな魅力です。

SQL Gateway の設定方法

SQL Gateway をマシンにインストールして、次の手順でMySQL とSQL Server コマンドをODBC にプロキシするリモーティングサービスを立ち上げます。

リモーティングサービスの作成

SQL Gateway はODBC Driver のシステムDSN を経由して接続するので、リモーティングサービスの作成には管理者権限が必要です。 新しいサービスの設定手順は次のとおりです。

  1. サービスをWindows サービスとして実行するには、セットアップタブの「Run as a Windows Service」をチェックします。
  2. 「Service」タブをクリックし、サービスを追加し、名前を付けます。
  3. database type: SQL Server もしくはMySQL を選択します。
  4. Data Source メニューからシステムDSN を選択します。
  5. クライアント接続のセキュリティにはSSL オプションを有効化します。「Other」タブからデジタル証明書の設定ができます。
  6. サービスが使うローカルポートを選択します。
  7. リバースSSH トンネリングを利用してファイアーウォールを超えたゲートウェイで接続する場合には「Expose on Gateway」を選択します。
  8. 起動オプションとログの設定を行います。

ユーザーの作成

「Users」タブから新しいユーザーを作成し、サービスへのアクセス許可を設定します。すべてのサービスへのフルアクセスを許可する場合には「Administrator」オプションを選択します。

SSH ゲートウェイ経由での接続

リバースSSH トンネルでのSQL Gateway への接続 を使用するには、「Gateway」タブからホストされたSSH サーバーにSQL Gateway への接続を設定します。

リモーティングサービスの起動

サービス、ユーザー、ゲートウェイの設定が終わったら、リモーティングサービスを起動します。 「Service」タブからサービスを選択して、「Start」をクリックします。

サービスを起動すると、MySQL やTDS リモーティングかODBC データソースに接続することができます。 ツールもしくはアプリケーションからSQL Gateway のサービスもしくはSSH Server に接続するだけで、MySQL やSQL Server として連携ができます。

ここから始めよう

SQL Gateway はWindows マシンで動作します。 SQL Gateway をダウンロードして、ODBC データソースをMySQL/SQL Server のリモーティングとして使いましょう。

CData ODBC Driver にはSQL Gateway が同梱されています。試用版をダウンロードしてSQL Gateway を使ってみましょう。 製品版では、エンタープライズライセンスにてSQL Server 機能を有効化できます。

SQL Gateway についての記事はこちらを参照してください

 
 
ダウンロード