シンプルなVCL Application for Act CRM データの構築

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Act CRM FireDAC Components

Rapidly create and deploy powerful Delphi & C++Builder Apps that integrate with Act CRM file storage data including Files、Folders、Tasks、Groups、and more!



CData FireDAC Components for Act CRM を使用し、RAD Studio でAct CRM を表示するシンプルなVCL Application を構築する方法

Embarcadero RAD Studio は、Delphi およびC++Builder アプリケーション用の開発環境を提供します。CData FireDAC Components for Act CRM を利用してRAD Studio 内のライブAct CRM にアクセスし、データの取得と更新の両方に使用できるテーブル、ビュー、ストアドプロシージャにデータを抽象化します。この記事では、Act CRM への接続と、フォームデザイナを使用した簡単なVCL アプリケーションの作成について説明します。

VCL Application for Act CRM データを作成する

以下の手順では、、シンプルなVCL フォームアプリケーションを作成する方法を示しています。これにより、フォームデザイナを使用し、任意のアプリケーションからAct CRM に接続するために必要である基本的なFireDAC オブジェクトを示すことができます。

次の例では、TDBGrid コントロールを設定します。

  1. 新しいVCL フォームアプリケーションを作成します。
  2. TFDPhysActCRMDriverLink およびTFDConnection オブジェクトをフォームにドロップします。
  3. TFDConnection オブジェクトをダブルクリックします。[FireDAC Connection Editor]が表示されます。[DriverId]メニューの[CData.ActCRM]を選択し、接続プロパティを構成します。

    Authentication セクションのUserPassword プロパティに、有効なAct! ユーザー資格情報を設定する必要があります。認証値に加えて、以下も参照してください。

    • Act! Premium への接続

      認証値に加えて、Act! へのURL も設定が必要です。例:https://eup1-iis-04.eu.hosted.act.com/。

      さらに、接続するActDatabase を指定する必要があります。これは、ご自分のアカウントの[About Act! Premium]メニューのページ右上にある[?]で確認することができます。表示されたウィンドウの[Database Name]を使用します。

    • Act! Premium Cloud への接続

      Act! Premium Cloud アカウントに接続するには、ActCloudName プロパティも指定する必要があります。このプロパティはCloud アカウントのURL アドレスで確認できます。例:https://eup1-iis-04.eu.hosted.act.com/ActCloudName/。

    ActCRM メタデータの取得は高負荷になる可能性があることに注意してください。CacheMetadata プロパティを設定して、メタデータをローカルに格納することをお勧めします。

  4. TFDQuery オブジェクトをフォームにドロップし、以下のプロパティを設定します。

    • 接続 - オブジェクトが未指定の場合、このプロパティをTFDConnection オブジェクトに設定します。
    • SQL - SQL プロパティのボタンをクリックし、クエリを入力します。
    • アクティブ - このプロパティをtrue に設定します。
  5. TDataSource オブジェクトをフォームにドロップし、以下のプロパティを設定します。

    • データセット - このプロパティのメニューで、TFDQuery オブジェクトの名前を選択します。
  6. TDBGrid オブジェクトをフォームにドロップし、以下のプロパティを設定します。

    • データソース - TDataSource の名前を選択します。
  7. TFDGUIxWaitCursor をフォームにドロップします。これは、実行時のエラーを回避するために必要です。

これで、TFDQuery オブジェクトに設定されたSQL クエリの結果を表示する、実行可能なアプリケーションが構築されます。