製品情報をご覧ください

製品情報や無償評価版を製品ページにてご確認いただけます。

製品ページへ

JRuby からAct CRM にデータ連携

リアルタイムAct CRM に連携するシンプルなJRuby アプリケーションを作成します。

JRuby はRuby プログラミング言語の高性能で安定した、完全にスレッド化されたJava 実装です。CData JDBC Driver for Act CRM を使用すると、JRuby からリアルタイムAct CRM へのデータ連携を簡単に実装できます。ここでは、Act CRM に接続し、クエリを実行して結果を表示する簡単なJRuby アプリを作成する方法を説明します。

Act CRM データにJDBC で接続

アプリを作成する前に、JDBC Driver のJAR ファイルのインストール場所をメモします。 (通常はC:\Program Files\CDatat\CData JDBC Driver for Act CRM\libにあります。)

JRuby は、JDBC をネイティブにサポートしているため、簡単にAct CRM に接続してSQL クエリを実行できます。java.sql.DriverManager クラスのgetConnection 関数を使用してJDBC 接続を初期化します。

Authentication セクションのUserPassword プロパティに、有効なAct! ユーザー資格情報を設定する必要があります。認証値に加えて、以下も参照してください。

  • Act! Premium への接続

    認証値に加えて、Act! へのURL も設定が必要です。例:https://eup1-iis-04.eu.hosted.act.com/。

    さらに、接続するActDatabase を指定する必要があります。これは、ご自分のアカウントの[About Act! Premium]メニューのページ右上にある[?]で確認することができます。表示されたウィンドウの[Database Name]を使用します。

  • Act! Premium Cloud への接続

    Act! Premium Cloud アカウントに接続するには、ActCloudName プロパティも指定する必要があります。このプロパティはCloud アカウントのURL アドレスで確認できます。例:https://eup1-iis-04.eu.hosted.act.com/ActCloudName/。

ActCRM メタデータの取得は高負荷になる可能性があることに注意してください。CacheMetadata プロパティを設定して、メタデータをローカルに格納することをお勧めします。

ビルトイン接続文字列デザイナー

JDBC URL の構成については、Act CRM JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナーを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

java -jar cdata.jdbc.actcrm.jar

接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

以下はAct CRM の一般的なJDBC 接続文字列です。

jdbc:actcrm:URL=https://myActCRMserver.com;User=myUser;Password=myPassword;ActDatabase=MyDB;

Act CRM データへの接続性を持つJRuby アプリを作成

新しいRuby ファイル(例: ActCRMSelect.rb) を作成してテキストエディタで開き、次のコードをファイルにコピーします。

require 'java' require 'rubygems' require 'C:/Program Files/CData/CData JDBC Driver for Act CRM 2018/lib/cdata.jdbc.actcrm.jar' url = "jdbc:actcrm:URL=https://myActCRMserver.com;User=myUser;Password=myPassword;ActDatabase=MyDB;" conn = java.sql.DriverManager.getConnection(url) stmt = conn.createStatement rs = stmt.executeQuery("SELECT ActivityDisplayName, Subject FROM Activities") while (rs.next) do puts rs.getString(1) + ' ' + rs.getString(2) end

ファイルが完成したら、コマンドラインからファイルを実行するだけでJRuby でAct CRM を表示できるようになります。

jruby -S ActCRMSelect.rb

SQL-92 クエリをAct CRM に書き込むと、Act CRM を独自のJRuby アプリケーションに素早く簡単に組み込むことができます。今すぐ無料トライアルをダウンロードしましょう。

 
 
ダウンロード