Node.js でAct-On を仮想MySQL データベースとしてクエリ

Ready to get started?

Learn more or sign up for a free trial:

CData Connect



Node.js からAct-On に対してMySQL データベースとしてクエリを実行。

CData Connect Cloud を使って、MySQL インターフェースでAct-On をクエリすることができます。この記事では、Connect Cloud で仮想Act-On データベースを作成し、Node.js でAct-On をクエリする連携方法を説明します。

CData Connect Cloud は、Act-On データのクラウドto クラウドのインターフェースを仮想MySQL として提供し、Node.js からRDB のようにデータをSQL でクエリすることができます。CData Connect Cloud がNode.js から発行されるSQL クエリ(フィルタリングやJOIN も可能)をパースしてAct-On に送り、Node.js アプリ にAct-On からのデータを返します。インテリジェントなサーバーサイドプロセスで、多様なクエリをパフォーマンス良く利用できます。

Act-On の仮想MySQL データベースを作成

CData Connect Cloud は、直観的なPoint-and-click インターフェースでデータソースへの接続およびAPI エンドポイント作成を行います。

  1. Connect Cloud にログインして、Databases をクリックします。
  2. 利用できるデータソースアイコンから"Act-On" を選択します。
  3. Act-On に接続するために必要なプロパティを入力します。

    ActOn はOAuth 認証標準を利用しています。OAuth を使って認証するには、アプリケーションを作成してOAuthClientIdOAuthClientSecret、およびCallbackURL 接続プロパティを取得する必要があります。

    認証方法についての詳細は、ヘルプドキュメントの「認証の使用」を参照してください。

  4. Test Database をクリックします。
  5. Privileges -> Add をクリックして、新しいユーザーを追加し、適切な権限を指定します。

これで、Act-On の仮想データベースが作成でき、MySQL クライアントからの連携が可能になりました。

Act-On データをNode.js からクエリ

以下のサンプルは、Node.js のMySQL モジュールからAct-On への接続を定義し、クエリを実行します。以下の情報が必要です:

  • Host nameaddressport:Connect Cloud のインスタンス名(myinstance.cdatacloud.net)とぽーt-(3306)です。
  • Username およびpassword:Connect Cloud で登録された権限のあるユーザーおよびそのパスワード。
  • Database name:Act-On (actondb) のデータベース名。

Act-On に接続して、以下のコードでクエリを実行します:

var mysql      = require('mysql');
var fs         = require('fs');
var connection = mysql.createConnection({
  host     : 'myinstance.cdatacloud.net',
  database : 'actondb',
  port	   :'3306',
  user     : 'admin',
  password : 'password',
  ssl      : {
    ca : fs.readFileSync('C:/certs/myCA.pem')
  }
});
connection.connect();
connection.query('SELECT * FROM Images', function(err, rows, fields) {
  if (err) throw err;
  console.log(rows);
});

connection.end();