Claris FileMaker のESS 機能からAct-On にデータ連携する方法

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Act-On ODBC Driver

Act-On ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートする多様なツールからAct-On にデータ連携。

Act-On にDB と同感覚でODBC インターフェースでアクセスが可能に。



Claris FileMaker のESS 機能から CData ODBC Driver + SQL Gateway でAct-On データにシームレスに連携。



この記事では、Claris FileMaker (以下、FileMaker)のESS(External SQL Source)機能からCData ODBC Driver、および、SQL Gateway を利用してAct-On データにシームレスに連携する方法を紹介します。

FileMaker のESS(External SQL Source)機能は、FileMaker から外部データソースにライブ接続できる機能です。ただし、使用できるODBC driver は、FileMaker 側がサポートしているドライバーのみであり、CData ODBC Drivers のような任意のサードパーティドライバーを使用することができません。そこで、CData ODBC Driver をMySQL に仮想してアクセスできるようにするSQL Gateway

を使います。FileMaker のESS 側はデフォルトのMySQL ODBC Driver を使ってSQL Gateway 経由でAct-On データにアクセスします。

尚、インポートだけの処理だと、SQL Gateway を使わなくてもサードパーティODBC のデータをインポートすることが可能です。ODBC でAct-On データをFilemaker にインポート

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

ODBC Driver でAct-On データソースに接続

まずはCData ODBC Driver for Act-On をインストールします。

  1. 接続プロパティの指定で、データソース名(DSN)で定義された接続プロパティを指定します。

    ActOn はOAuth 認証標準を利用しています。OAuth を使って認証するには、アプリケーションを作成してOAuthClientIdOAuthClientSecret、およびCallbackURL 接続プロパティを取得する必要があります。

    認証方法についての詳細は、ヘルプドキュメントの「認証の使用」を参照してください。

    一般的な接続文字列は次のとおりです:

    DSN はビルトインのMicrosoft ODBC データソースアドミニストレーターで設定できます。これはドライバーのインストールの最後の手順です。 Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってDSN を作成および設定する方法は、ヘルプドキュメントの「はじめに」をご参照ください。

    SQL Gateway でAct-On ODBC のサービスを設定

    次にSQL Gateway で上の手順で作成したAct-On ODBC DSN をMySQL サービスとして公開します。

    • CData ODBC Driver をインストールしたWindows マシンのプログラムメニューから「CData SQL Gateway」を起動します。
    • 起動するとCData SQL Gateway のコンソールが開きます。「サービス」タブを開き、「追加」ボタンをクリックします。「新規サービスの追加」ダイアログが表示されるので以下の項目をセットします。
      • サービス名:任意(アルファベットでスペースなどの特殊文字系は含めないのが望ましい、本例では「CData」)
      • 選択(TDS(SQLServer)、MySQL)ラジオボタン:「MySQL」を選択
      • データソース :CData ODBC Driver のシステムDSN 名を選択(本例では、CData Act-On Sys)
      • ポート:同マシンにMySQL が既に起動している場合は、デフォルトの3306が既に利用されているので本例では「3307」を指定
    • 「OK」ボタンをクリックして「新規サービスの追加」ダイアログを閉じ、上記で設定したサービスが追加されたのを確認します。
    • 「ユーザー」タブを開き、「追加」ボタンをクリックします。「新規ユーザーの追加」ダイアログが表示されるので任意の名称で「ユーザー」および「パスワード」を設定します。本情報が、仮想MySQL へのログイン情報となりますので手元に控えておいてください。
    • 「サービス」タブに移動して上段メニューの「変更を保存」、その後に「開始」ボタンをクリックします。仮想MySQL インスタンスが起動するとサービス名左横のランプが緑になります。

    Claris Filemaker のESS からAct-On に連携

    MySQL ODBC Driver のインストールと設定

    • MySQL ODBC 8.0 Unicode Driver のの64bit Windows版をダウンロードしてインストールします。
    • インストールが完了したら、Windows の検索から「odbc」と入力して「ODBCデータソース (64bit)」を起動します。
    • 「システムDSN」タブを開き、「追加」ボタンから「データソース の新規作成」にて「MySQL ODBC 8.0 Unicode Driver」を選択して「完了」ボタンをクリックします。
    • 「MySQL Connector/ODBC Data Source Configuration」が起動して以下の項目をセットします。
      • Data Souce Name : 任意の名称(本例では、「CData」)
      • TCP/IP Server : CData SQL Gateway の仮想MySQL が起動しているマシンのIP アドレス(同一マシンの場合は「localhost」)
      • Port : SQL Gatewayで設定したポート(本手順では「3307」を使用)
      • User : SQL Gatewayで設定したユーザー名
      • >Password : SQL Gateway で設定したユーザーのパスワード
      • Database : ドロップダウンリストからCData ODBC Driver のDSN 名称「CData Act-On Sys」を選択
    • 「Test」ボタンをクリックして「Connection Successful」ダイアログが表示されることを確認してダイアログ含め「OK」ボタンで保存して「ODBC データソース アドミニストレーター(64ビッド)」ウィンドウまで閉じてください。

    FileMaker ESS 機能からAct-On データに連携

    • FileMaker のデータベースの管理にて、「リレーションシップ」タブから「テーブル」を追加します。データソース として「ODBC データソース の追加」を選びます。
    • ODBC データソースを選択の画面で、MySQL ODBC Driver で設定したデータソース名(ドライバがMySQL ODBC 8.0 Unicode Driver のもの)を選択します。注意点としては、ここでCData ODBC Driver のデータソース 名(CData Act-On Sys)を選択しないでください。
    • 「データソース の編集」画面で以下の項目をセットして「OK」ボタンをクリックします。
      • 名前:任意(本例では「CData」)
      • 認証(ユーザ名とパスワードを指定) :SQL Gateway で設定した仮想MySQLへのログイン ユーザ名、および、パスワード
      • カタログ名:CData ODBC Driver のDSN 名(CData Act-On Sys)
    • 「テーブルを指定」ダイアログにてFileMaker のレイアウトで利用したデータソース 内のテーブルを選択します。
    • 「データベースの管理」に選択したテーブルが追加されたことを確認します。
    • 指定したテーブルをレイアウトにセットします。データソース 内のデータが表示されれば成功です。

    まとめと試用版

    CData ODBC Driver for Act-On とSQL Gateway を使うことで、Filemaker でAct-On データをシームレスに扱えるようになります。ぜひ、30日の無償評価版 をお試しください。