PyCharm でのCData ODBC Driver for Act-On の使用

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Act-On ODBC Driver

Act-On ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートする多様なツールからAct-On にデータ連携。

Act-On にDB と同感覚でODBC インターフェースでアクセスが可能に。



CData ODBC Driver for Act-On を使用して、ODBC データソースとしてPyCharm からAct-On に接続します。

CData ODBC Drivers は、ODBC ドライバーをサポートするあらゆる環境から利用可能です。本記事では、PyCharm からのCData ODBC Driver for Act-On の利用を説明します。CData ODBC Deriver をデータソースとして設定する方法、データソースをクエリして結果を表示するためのPyCharm の簡単なコードを含みます。

はじめに、このチュートリアルではCData ODBC Driver for Act-On とPyCharm が、既にインストールされていることを前提としています。

Pyodbc をプロジェクトに追加

以下のステップに従って、pyodbc モジュールをプロジェクトに追加します。

  1. File]->[Settings]とクリックして[project settings]ウィンドウを開きます。
  2. Project: YourProjectName]メニューから[Project Interpreter]をクリックします。
  3. pyodbc を追加するため、+ ボタンをクリックしてpyodbc と入力します。
  4. Install Package]をクリックしてpyodbc をインストールします。

Act-On への接続

これで、ODBC 接続文字列またはDSN で接続できます。お客様のOS でDSN を作成するためのガイドについては、CData ドライバードキュメントの[はじめに]セクションを参照してください。

ActOn はOAuth 認証標準を利用しています。OAuth を使って認証するには、アプリケーションを作成してOAuthClientIdOAuthClientSecret、およびCallbackURL 接続プロパティを取得する必要があります。

認証方法についての詳細は、ヘルプドキュメントの「認証の使用」を参照してください。

以下はDSN の構文です。

[CData ActOn Source] Driver = CData ODBC Driver for Act-On Description = My Description

Act-On へのクエリの実行

Cursor をインスタンス化し、Cursor クラスのexecute メソッドを使用してSQL ステートメントを実行します。

import pyodbc cnxn = pyodbc.connect('DRIVER={CData ODBC Driver for ActOn};') cursor = cnxn.cursor() cursor.execute("SELECT Id, Name FROM Images WHERE FolderName = 'New Folder'") rows = cursor.fetchall() for row in rows: print(row.Id, row.Name)

CData ODBC Driver を使用してPyCharm でAct-On に接続すると、Act-On にアクセスできるPython アプリケーションを標準データベースのように構築できるようになります。このチュートリアルに関する質問、コメント、フィードバックがある場合には、support@cdata.com までご連絡ください。