Act-On データをSQL Server から連携して利用する4つの方法を紹介

詳細情報をご希望ですか?

製品の詳細情報:

Act-On 連携ソリューション


Act-On データをSQL Server から使う4種類の方法(CData Drivers、SQL Gateway、SSIS Components、Sync)をまとめて紹介します。

CData 製品を使って、Act-On データをSQL Server に連携させたいという相談を頂きます。CData の幅広い製品ラインアップを使えば、いろいろな方法でデータ連携を実現可能です。自分で開発ができるか、ノーコードを希望か、また実際にデータをSQL Server に書き込むのか、リンクサーバーで仮想的にSQL Server で使うのか、予算はどれぐらいか、などいろいろなニーズがあります。この記事ではODBC Driver + Powershell(カスタムアプリ)、SQL Gateay(リンクサーバー)、SSIS、Sync の4種類の方法をそのPro & Con と共に説明します。

1. ODBC Driver for Act-On のCACHE クエリでAct-On データをSQL Server に同期

一番簡単な方法として、CData ODBC Driver for Act-On でCACHE クエリを実行する方法があります。CData ODBC Driver はCACHE をサポートしており、メタデータのみのキャッシュから明示的にデータを含むCACEH までを発行可能です。

詳細記事:Act-OnデータをPowerShell script でSQL Server にレプリケートする方法

ODBC Driver for Act-On のDSN 設定でCACHE 設定を行います。以下のようにCACHE SELECT というSQL を発行することで、選択したテーブルのデータをコピーできます。

CACHE SELECT * FROM テーブル名

簡単な.NET デスクトップアプリでCACHE クエリを定期的に発行することもできますし、記事のようにPowerShell からスクリプトで実行することもできます。PowerShell ですとWindows マシンからアプリのデプロイなどをしなくても使えますし、定期実行ができるのでお手軽です。

CData 製品のライセンスもODBC Driver 1本でできますので、安くAct-On->SQL Server の実装が可能です。とはいえバッチ連携ですので、リアルタイムなAct-On データを扱っていない点は少し残念です。また、SQL を書かなければならないこと、バッチ処理を行うアプリやPowerShell を作る必要があります。

2. SQL Gateway でSQL Server のリンクサーバーとしてAct-On データにアクセス

SQL Server にはリンクサーバーといって、他のDB をSQL Server から呼び出せる統合機能があります。CData ODBC Driver for Act-On に付属しているSQL Gateway を使えば、Act-On データをSQL Server のリンクサーバーとして扱うことができます。物理的にAct-On データがSQL Server に保存されるわけではありませんが、SQL Server のインターフェースでAct-On データがSQL を使って呼び出すことができます。

詳細記事:Act-OnデータにSQL Server のリンクサーバーとして接続

通常のODBC Driver for Act-On のDSN 設定の後にSQL Gateway を立ち上げ、Act-On DSN をSQL Server のサービスとして設定します。SSMS でこのサービスをリンクサーバーとして登録すると、SQL クエリでAct-On データをリンクサーバー経由で使用することができます。 複数の.NET クライアントアプリからのAct-On データ参照や、SQL Server データとのJOIN などに最適です。

SELECT * from リンクサーバー名.CData ActOn Source Sys(ODBC DSN 名).ActOn.テーブル名

SQL Server のリンクサーバーに慣れ親しんだ方には一番使いやすい利用方法です。常に最新のAct-On データをリアルタイムにクエリできる点も優れています。SQL Server 側からのSQL で双方向連携(書き込みを含む)ができる点が大変便利です。

手間としてはSQL Gateway をサーバーにホスティングして稼働させなければならない点があります。またSQL Gateway を利用する場合にはODBC Driver の上位のEnterprise ライセンスが必要です。

3. SSIS でAct-On データをSQL Server にインポート

SQL Server ユーザーでは、データ統合・ワークフローにSSIS(SQL Server Integration Services)を使っている方も多いのではないでしょうか?CData では、SSIS 向けにAct-On への連携が可能なSSIS Component for Act-Onを提供しています。

詳細記事:Act-OnデータをSSIS を使ってSQL Server にインポート

SSIS ユーザーであれば、Act-On Component さえあれば、簡単にSQL Server へのインポートフローを組むことができます。コンポーネントもドライバーと同程度の価格でありリーズナブルです。

SSIS 以外にもすでにETL/EAI ツールをお持ちであれば、CData Drivers をETL/EAI ツールで使うだけで簡単にデータ連携が可能です。ASTERIA Warp、DataSpider、Informatica、Waha!Transformer、RACCOON、Talend など多様なETL からの利用が可能です(ETL 接続記事:Act-On のETL、レプリケーション & DWH 接続ガイド)。ETL ツールを新しく買うとコストが上がっても、ユーザーが既に使っているツールにAct-On Driver をアドオンするだけで連携が組めるので、既にETL ツールを使っているユーザーはこちらのオプションがコスト・技術的に使いやすいでしょう。

4. CData Sync でAct-On データをSQL Server にレプリケーション

最後はCData Sync というSaas データをRDB に同期する専用のアプリケーションを使う方法です。CData Sync はサーバーアプリケーションになっており、ブラウザコンソールからノーコードで3ステップで同期ジョブが設定できます。定期実行や細かいレプリケーションの項目設定までをGUI 操作だけで実行可能です。

詳細記事:SQL Server へのAct-On データの自動反復レプリケーション

DB への同期専用のノーコードツールであり、使いやすさや拡張性は高いです。サーバーツールですので、価格は#2 と同程度になります。