製品をチェック

無償トライアル:

無償トライアルへ

製品の情報と無償トライアルへ:

Acumatica ODBC Driver

Acumatica ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからAcumatica データに連携。

Acumatica に標準ODBC Driver インターフェースを使ってRDB と同感覚でアクセス - Accounts、Bills、Customers、Leads などに標準ODBC インターフェースで双方向連携。

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

ODBC を介してNode.js からAcumatica データをクエリ


node-odbc を使用して、Node.js からAcumatica データへのSQL クエリを実行します。


古川えりか
コンテンツスペシャリスト

acumatica ロゴ画像

ODBC Driver

odbc ロゴ画像
NodeJS ロゴ画像

Node.js はブラウザ上以外でJavaScript コードを使用できるJavaScript ランタイム環境です。CData ODBC Driver for Acumatica を使用すれば、Node.js アプリとスクリプトから、ライブAcumatica データにアクセスできます。この記事ではnode-odbc のインストールと、ライブAcumatica データへのアクセスが可能な、シンプルなNode.js アプリケーションを作成するために必要なツールについて説明します。

ビルトインの最適化されたデータ処理により、CData ODBC Driver は比類のないパフォーマンスで、Node.js のライブAcumatica データとやりとりできます。Node.js からAcumatica に複雑なSQL クエリを発行すると、ドライバーはフィルタや集計などのサポートされているSQL 操作をAcumatica に直接プッシュし、組み込まれたSQL エンジンを利用してサポートされていない操作(主にSQL 関数とJOIN 操作)をクライアント側で処理します。

Acumatica データに接続する

必要な接続プロパティの値が未入力の場合には、データソース名(DSN)で入力します。組み込みのMicrosoft ODBC Data Source Administrator を使用し、DSN を構成できます。ドライバーのインストールの最後にアドミニストレーターが開きます。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってDSN を作成および設定する方法は、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

Acumatica に接続するには、次の接続プロパティを設定してください。

  • User:ユーザー名に設定。
  • Password:パスワードに設定。
  • Company:会社名に設定。
  • Url:Acumantica URL に、http://{Acumatica ERP instance URL}/entity/{Endpoint name}/{Endpoint version}/ の形式で設定。
    例えば、https://acumatica.com/entity/Default/17.200.001/。

詳細については、CData ドライバードキュメントの「はじめに」を参照してください。

node-odbc を構築する

CData ODBC Driver を介してAcumatica に接続するには、必要なツールをインストールした後に、node-odbc を手動で構築する必要があります。

必要なツールをインストールする

以下のコマンドでは、node-odbc の構築に必要なツールをインストールします。(ツールをグローバルにインストールする-g パラメータに注意してください。)

npm i -g windows-build-tools
npm i -g node-gyp

node-odbc を構築する

必要なツールをインストールしたらNode.js アプリケーションのディレクトリを作成し、Node.js スクリプトで使用するバイナリを構築するodbc をインストールします。

mkdir nodeodbc
cd nodeodbc
npm i -g node

Node.js からAcumatica をクエリ

ODBC Driver がインストールされ、DSN が構成されて、node-odbc が構築されたら、Node.js アプリケーションからライブAcumatica データをクエリすることができるようになります。以下のサンプルコードは、特定のDSN に接続してEvents テーブルをクエリします。

myscript.js

const odbc = require('odbc');

async function queryAcumatica() {
    const connection = await odbc.connect(`DSN=CData Acumatica Source`);
    const data = await connection.query('SELECT Id, location_displayname FROM Events');
    console.log(data);
}

queryAcumatica();

アプリケーションを作成したら、node を使用してスクリプトを実行します。

node myscript.js
Sample program results (Salesforce is shown.

CData ODBC Driver for Acumatica の30日の無償評価版 をダウンロードすればNode.js でライブAcumatica データを使用できます。ご不明な点があれば、サポートチームにお問い合わせください。