今すぐお試しください!

製品の詳細CData ODBC Driver for Airtable を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

DBArtisan でAirtable データに連携

DBArtisan のウィザードを使って、Airtable をデータソースとして連携利用。

CData ODBC Driver for Airtable は、DBArtisan などのデータベースツールとAirtable data を連携し、RDB のような感覚でAirtable データを扱えます。 本記事では、DBArtisan 上でAirtable データソースを作成する方法とクエリの実行方法を説明します。

DBArtisan Project にAirtable Data を連携する

ODBC Driver をインストールして、ODBC DSN 設定を行います。インストール後にDSN 設定画面が開くので、Airtable への接続に必要なプロパティを設定します。

Airtable への接続には、APIKey、BaseId、TableNames のプロパティが必須です。ViewNames は任意項目でテーブルのビューを指定することができます。

  • APIKey : アカウントのAPI Key。取得には、アカウントにログインして、API セクションで[Generate API Key]をクリックします。
  • BaseId : ベースのId。取得には、APIKey と同じ場所で、[Airtable API]をクリックするか、https://airtable.com/api に進み、ベースを選択します。"The ID of this base is appxxN2ftedc0nEG7." というメッセージがIntroduction セッションで表示されます。
  • TableNames : 選択されたベースのテーブル名のカンマ区切りのリスト。UI で見られるテーブル名と同じです。
  • ViewNames : table.view 形式のビューのカンマ区切りのリスト。UI でみられるビュー名と同じです。

次の方法で、プロジェクトにAirtable データソースを登録します。

  1. DBArtisan で「Data Source」->「Register Datasource」と進みます。
  2. 「Generic ODBC」を選択。
  3. データソース名を入力して、DSN を選択します。Enter a name for the data source and select the DSN.
  4. ウィザードを終了してAirtable への接続を完了します。Airtable のエンティティが Datasource Explorer に表示されているはずです。

これで、他のデータベースと同じようにAirtable データを扱うことが可能になります。 サポートされるSQL クエリは、ドライバーのヘルプドキュメントを参照してください。

 
 
ダウンロード