Provide OData Services of Amazon Athena Data from a WCF Application

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Amazon Athena ADO.NET Provider

Amazon Athena 連携のパワフルな.NET アプリケーションを素早く作成して配布。



This article shows how to publish an OData feed of Amazon Athena data by creating a WCF Service Application.

The CData ADO.NET Provider for Amazon Athena enables you to use the Windows Communication Foundation (WCF) framework to rapidly develop service-oriented applications that provide Amazon Athena data to OData consumers. This article shows how to create an entity data model to provide the underlying connectivity to the Amazon Athena data, as well as how to create a WCF Data Service to expose the OData service. You can then consume the feed with any OData client, for example, Power Pivot or an application that uses the CData ADO.NET Provider for OData.

Create the OData Service

Follow the steps below to create a WCF service application that will provide connectivity to Amazon Athena data via OData.

  1. Open Visual Studio and create a new project. Select the WCF Service Application template.
  2. Delete the autogenerated IService.cs and Service1.svc.
  3. Click Project -> Add New Item -> ADO.NET Entity Data Model.
  4. In the Entity Data Model wizard that is displayed, select the 'EF Designer from Database' option.
  5. In the resulting Choose Your Connection dialog, click New Connection.
  6. In the Connection properties dialog, select the CData Amazon Athena Data Source and enter the necessary credentials. A typical connection string is below:

    AccessKey='a123';SecretKey='s123';Region='IRELAND';Database='sampledb';S3StagingDirectory='s3://bucket/staging/';

    Amazon Athena への接続

    Amazon Athena リクエストの認証には、アカウントの管理のクレデンシャルか、IAM ユーザーのカスタムPermission を設定します。 AccessKey にAccess Key Id、SecretKey にはSecret Access Key を設定します。

    Note: AWS アカウントアドミニストレータとしてアクセスできる場合でも、AWS サービスへの接続にはIAM ユーザークレデンシャルを使用することが推奨されます。

    Access Key の取得

    IAM ユーザーのクレデンシャル取得は以下のとおり:

    1. IAM コンソールにログイン。
    2. Navigation ペインで[ユーザー]を選択。
    3. ユーザーのアクセスキーを作成または管理するには、ユーザーを選択してから[セキュリティ認証情報]タブを選択。

    AWS ルートアカウントのクレデンシャル取得は以下のとおり:

    1. ルートアカウントの資格情報を使用してAWS 管理コンソールにサインイン。
    2. アカウント名または番号を選択し、表示されたメニューで[My Security Credentials]を選択。
    3. [Continue to Security Credentials]をクリックし、[Access Keys]セクションを展開して、ルートアカウントのアクセスキーを管理または作成。

    EC2 インスタンスからの認証

    EC2 インスタンスから本製品を使用していて、そのインスタンスにIAM ロールが割り当てられている場合は、認証にIAM ロールを使用できます。 これを行うには、UseEC2Roles をtrue に設定しAccessKeySecretKey を空のままにします。 本製品は自動的にIAM ロールの認証情報を取得し、それらを使って認証します。

    AWS ロールとして認証

    多くの場合、認証にはAWS ルートユーザーのダイレクトなセキュリティ認証情報ではなく、IAM ロールを使用することをお勧めします。 代わりにRoleARN を指定してAWS ロールを使用できます。これにより、本製品は指定されたロールの資格情報を取得しようと試みます。 (すでにEC2 インスタンスなどで接続されているのではなく)AWS に接続している場合は、役割を担うIAM ユーザーのAccessKeySecretKey を追加で指定する必要があります。AWS ルートユーザーのAccessKey およびSecretKey を指定する場合、 ロールは使用できません。

    MFA での認証

    多要素認証を必要とするユーザーおよびロールには、MFASerialNumber およびMFAToken 接続プロパティを指定してください。 これにより、本製品は一時的な認証資格情報を取得するために、リクエストでMFA 認証情報を送信します。一時的な認証情報の有効期間 (デフォルトは3600秒)は、TemporaryTokenDuration プロパティを介して制御できます。

    Amazon Athena への接続

    AccessKeySecretKey プロパティに加え、DatabaseS3StagingDirectoryRegion を設定します。Region をAmazon Athena データがホストされているリージョンに設定します。S3StagingDirectory をクエリの結果を格納したいS3内のフォルダに設定します。

    接続にDatabase が設定されていない場合は、本製品はAmazon Athena に設定されているデフォルトデータベースに接続します。

    See the help documentation for guides to connecting in Visual Studio.

  7. Select Amazon Athena tables and views that you want OData clients to access.
  8. Click Project -> Add New Item -> WCF Data Service.
  9. Specify the data source class and configure access to the new WCF Data Service. In the example below, the Access Rule for the entities is set to All. This means that any user will be able to read and modify data.

    using System; using System.Collections.Generic; using System.Data.Services; using System.Data.Services.Common; using System.Linq; using System.ServiceModel.Web; using System.Web; namespace AmazonAthenaService{ public class AmazonAthenaDataService : DataService { public static void InitializeService(DataServiceConfiguration config) { config.SetEntitySetAccessRule("*", EntitySetRights.All); config.DataServiceBehavior.MaxProtocolVersion = DataServiceProtocolVersion.V3; } } }
  10. Run the project. Applications that support OData can now access the Salesforce data and reflect any changes. You can access the feed in your browser. The feed will resemble the following:

Consume the OData Service from Power Pivot

You can now use the service from any OData client; for example, Excel Power Pivot.

  1. Open Excel and click on the Power Pivot Window button.
  2. A new pop-up will appear. Select the option From Data Feeds.
  3. In the resulting Table Import Wizard, enter the OData URL. For example, http://localhost:12449/AmazonAthenaDataService.svc/.
  4. After connecting to the OData service, click the Next button at the bottom of the window.
  5. A table listing of the available tables will appear in the next window of the wizard. Select which tables you want to import and click Finish.
  6. Click Close to import the data in Power Pivot.