今すぐお試しください!

製品の詳細CData ADO.NET Provider for Azure を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Azure Table データをDevExpress Data Grid にデータバインドする。

Azure Table 用の CData ADO.NET プロバイダーをDevExpress Windows Forms とWeb コントロールとともに使用し、Azure Table をチャートに入力します。

Azure Table 用の CData ADO.NET プロバイダーはサードパーティーコントコントロールで使うことのできる通常のADO.NET データベースアクセスコンポーネントを実装しています。データバインドするための通常のADO.NET プロセスに従うことで、UI コントロールから実データへの双方向アクセスを可能にします。 この記事では、CData を使ってDevExpress Windows Forms とウェブコントロールにデータバインドする方法を説明します。ここでは、最新のデータを表示するチャートにデータバインドします。

Account プロパティをストレージアカウント名に設定し、ストレージアカウントのAccessKey を設定して接続します。これらの値を取得する方法は次のとおりです。

ストレージをBackend として使用している場合(デフォルト):

  • [Azure]ポータルにログインし、左側の[サービス]メニューで[ストレージアカウント]を選択します。
  • ストレージアカウントがない場合は、[追加]ボタンをクリックしてアカウントを作成します。
  • 使用するストレージアカウントのリンクをクリックし、[設定]の[アクセスキー]を選択します。 [アクセスキー]ウィンドウには、ストレージアカウント名と本製品で使用するキー(接続にはkey1またはkey2のどちらかを使用できます)が含まれています。これらのプロパティは、それぞれAccount とAccessKey 接続プロパティにマッピングされます。

  • [Azure]ポータルにログインし、左側の[サービス]メニューで[Azure Cosmos DB]を選択します。
  • 使用するCosmos DB アカウントのリンクをクリックし、[設定]の[接続文字列]を選択します。 [接続文字列]ウィンドウには、Cosmos DB アカウント名と本製品で使用する主キーが含まれています。これらのプロパティは、それぞれAccount とAccessKey 接続プロパティにマッピングされます。

Windows Forms コントロール

下のコードでは、Azure Table でDevExpress のチャートに追加する方法を説明します。AzureTablesDataAdapter はチャートコントロールのSeries プロパティにバインドします。コントロールのDiagram プロパティはx 軸とy 軸をカラム名として定義します。

using (AzureTablesConnection connection = new AzureTablesConnection( "AccessKey=myAccessKey;Account=myAccountName;")) { AzureTablesDataAdapter dataAdapter = new AzureTablesDataAdapter( "SELECT Name, Price FROM NorthwindProducts", connection); DataTable table = new DataTable(); dataAdapter.Fill(table); DevExpress.XtraCharts.Series series = new DevExpress.XtraCharts.Series(); chartControl1.Series.Add(series); DataTable table = new DataTable(); series.ValueDataMembers.AddRange(new string[] { "Price" }); series.ArgumentScaleType = DevExpress.XtraCharts.ScaleType.Qualitative; series.ArgumentDataMember = "Name"; series.ValueScaleType = DevExpress.XtraCharts.ScaleType.Numerical; chartControl1.Legend.Visibility = DevExpress.Utils.DefaultBoolean.False; ((DevExpress.XtraCharts.SideBySideBarSeriesView)series.View).ColorEach = true; }

Web コントロール

下のコードではAzure Table でDevExpress Web を操作するための設定方法を説明します。AzureTablesDataAdapter はチャートのSeries プロパティにバインドします。Diagram プロパティはx 軸とy 軸をカラム名として定義します。 using DevExpress.XtraCharts; using (AzureTablesConnection connection = new AzureTablesConnection( "AccessKey=myAccessKey;Account=myAccountName;")) { AzureTablesDataAdapter AzureTablesDataAdapter1 = new AzureTablesDataAdapter("SELECT Name, Price FROM NorthwindProducts", connection); DataTable table = new DataTable(); AzureTablesDataAdapter1.Fill(table); DevExpress.XtraCharts.Series series = new Series("Series1", ViewType.Bar); WebChartControl1.Series.Add(series); DataTable table = new DataTable(); series.ValueDataMembers.AddRange(new string[] { "Price" }); series.ArgumentScaleType = ScaleType.Qualitative; series.ArgumentDataMember = "Name"; series.ValueScaleType = ScaleType.Numerical; ((DevExpress.XtraCharts.SideBySideBarSeriesView)series.View).ColorEach = true; }

 
 
ダウンロード