今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for Azure を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Azure TableData のPostgreSQL インターフェース

Azure Table JDBC Driver のRemoting 機能を使用して、データアクセス用のPostgreSQL エントリポイントを作成します。

インターネット上には利用可能な膨大な数のPostgreSQL クライアントがあります。標準のドライバーからBI および分析ツールまで、PostgreSQL はデータアクセスのための人気の高いインタフェースです。 JDBC ドライバーを使用して、標準クライアントから接続できるPostgreSQL エントリポイントを作成することができます。

PostgreSQL データベースとしてAzure Table data にアクセスするには、CData JDBC Driver for Azure Table とJDBC 外部データラッパー(FDW)を使用します。ここでは、FDW をコンパイルしてインストールし、PostgreSQL サーバーからAzure Table data をクエリします。

JDBC データソースにAzure Table Data を設定

To connect to Azure Table as a JDBC data source, you will need the following:

  • Driver JAR path: The JAR is located in the lib subfolder of the installation directory.
  • Driver class: cdata.jdbc.azuretables.AzureTablesDriver

  • JDBC URL: The URL must start with "jdbc:azuretables:" and can include any of the connection properties in name-value pairs separated with semicolons.

    Account プロパティをストレージアカウント名に設定し、ストレージアカウントのAccessKey を設定して接続します。これらの値を取得する方法は次のとおりです。

    ストレージをBackend として使用している場合(デフォルト):

    • [Azure]ポータルにログインし、左側の[サービス]メニューで[ストレージアカウント]を選択します。
    • ストレージアカウントがない場合は、[追加]ボタンをクリックしてアカウントを作成します。
    • 使用するストレージアカウントのリンクをクリックし、[設定]の[アクセスキー]を選択します。 [アクセスキー]ウィンドウには、ストレージアカウント名と本製品で使用するキー(接続にはkey1またはkey2のどちらかを使用できます)が含まれています。これらのプロパティは、それぞれAccount とAccessKey 接続プロパティにマッピングされます。

    • [Azure]ポータルにログインし、左側の[サービス]メニューで[Azure Cosmos DB]を選択します。
    • 使用するCosmos DB アカウントのリンクをクリックし、[設定]の[接続文字列]を選択します。 [接続文字列]ウィンドウには、Cosmos DB アカウント名と本製品で使用する主キーが含まれています。これらのプロパティは、それぞれAccount とAccessKey 接続プロパティにマッピングされます。

    ビルトイン接続文字列デザイナー

    For assistance in constructing the JDBC URL, use the connection string designer built into the Azure Table JDBC Driver.Either double-click the JAR file or execute the jar file from the command-line.

    java -jar cdata.jdbc.azuretables.jar

    Fill in the connection properties and copy the connection string to the clipboard.

    A typical JDBC URL is below:

    jdbc:azuretables:AccessKey=myAccessKey;Account=myAccountName;

JDBC Foreign Data Wrapper をビルド

The Foreign Data Wrapper can be installed as an extension to PostgreSQL, without recompiling PostgreSQL.The jdbc2_fdw extension is used as an example.

  1. Add a symlink from the shared object for your version of the JRE to /usr/lib/libjvm.so.For example: ln -s /usr/lib/jvm/java-6-openjdk/jre/lib/amd64/server/libjvm.so /usr/lib/libjvm.so
  2. Start the build: make install USE_PGXS=1

Azure Table Data をPostgreSQL データベースとしてクエリ

After you have installed the extension, follow the steps below to start executing queries to Azure Table data:

  1. Log into your database.
  2. Load the extension for the database: CREATE EXTENSION jdbc2_fdw;
  3. Create a server object for Azure Table: CREATE SERVER AzureTables FOREIGN DATA WRAPPER jdbc2_fdw OPTIONS ( drivername 'cdata.jdbc.azuretables.AzureTablesDriver', url 'jdbc:azuretables:AccessKey=myAccessKey;Account=myAccountName;', querytimeout '15', jarfile '/home/MyUser/CData/CData\ JDBC\ Driver\ for\ Salesforce MyDriverEdition/lib/cdata.jdbc.azuretables.jar');
  4. Create a user mapping for the username and password of a user known to the MySQL daemon. CREATE USER MAPPING for postgres SERVER AzureTables OPTIONS ( username 'admin', password 'test');
  5. Create a foreign table in your local database: postgres=# CREATE FOREIGN TABLE northwindproducts ( northwindproducts_id text, northwindproducts_Name text, northwindproducts_Price numeric) SERVER AzureTables OPTIONS ( table_name 'northwindproducts');
You can now execute read/write commands to Azure Table: postgres=# SELECT * FROM northwindproducts;
 
 
ダウンロード