PowerBuilder からAzure Management データに連携

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Azure Management JDBC Driver

簡単にJava アプリケーションからAzure Management データに連携!



この記事では、Azure Management JDBC ドライバーを使用してPowerBuilder からAzure Management にアクセスする方法を説明します。

CData JDBC Driver for Azure Management は、標準ベースのコントロールであり、PowerBuilder を含むJDBC をサポートするプラットフォームまたは開発テクノロジーから使用できます。 また、PowerBuilder でCData JDBC Driver for Azure Management を使用する方法についても詳しく説明します。

この記事では、CData JDBC Driver for Azure Management を使用して読み取りと書きこみを実行する基本的なPowerBuilder アプリケーションを作成する方法を説明します。

PowerBuilder からAzure Management データに接続

以下のステップに従ってDatabase Painter ツールを使用し、JDBC URL for Azure Management に基づいてデータベースプロファイルを作成します。データベースプロファイルを使用して、接続プロパティを保存できます。Ⅾatabase Painter では、データをグラフィカルに操作したり、SQL クエリを実行したりできます。

  1. ドライバーJAR をPowerBuilder クラスパスに追加します。CLASSPATH システム環境変数を、インストールディレクトリのlib サブフォルダにあるドライバーJAR へのパスに設定します。

    NotePowerBuilder Classic を使用している場合は、[Tools]->[System Options]->[Java]をクリックし、ドライバーJAR へのパスを追加することもできます。

  2. [Tools]->[Database Painter]と進みます。
  3. JDBC のノードを右クリックし、[New Profile]をクリックします。
  4. [Database Profile Setup]ダイアログで、以下を入力します。
    • Profile Name:プロファイルのわかりやすい名前を入力します。
    • Driver Name:ドライバーのクラス名にcdata.jdbc.azuredatamanagement.AzureDataManagementDriver を入力します。
    • URL:JDBC URL を入力します。

      ユーザー資格情報の接続プロパティを設定せずに接続できます。次のプロパティを設定します。
      SubscriptionId(オプション):Azure API Management エンドポイントにはサブスクリプションId が必要です。指定しない場合は、本製品はアカウントで使用可能な最初のサブスクリプションId を取得します。
      Tenant(オプション):デフォルトと異なるテナントに認証したい場合は、テナントを指定できます。これは、デフォルトのテナントに所属していないSubscription と連携するために必要です。
      接続すると、本製品はデフォルトブラウザでAzure Data Management OAuth エンドポイントを開きます。ログインして、本製品にアクセス許可を与えます。本製品がOAuth プロセスを完了します。

      ビルトイン接続文字列デザイナ

      JDBC URL の構成については、Azure Management JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

      java -jar cdata.jdbc.azuredatamanagement.jar

      接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。以下は一般的なJDBC URL です。

      jdbc:azuredatamanagement:InitiateOAuth=GETANDREFRESH
  5. テーブルを表示および編集するには、テーブルを右クリックして[Edit Data]->[Grid]をクリックします。

Azure Management をPowerBuilder Controls と共に使用する

標準のPowerBuilder オブジェクトを使用してJDBC データソースに接続し、クエリを実行できます。以下の例は、Azure Management をDataWindowに取得する方法を示しています。次のコードをopen メソッドに追加できます。

SQLCA.DBMS = "JDBC" SQLCA.AutoCommit = False SQLCA.DBParm = "Driver='cdata.jdbc.azuredatamanagement.AzureDataManagementDriver',URL='jdbc:azuredatamanagement:InitiateOAuth=GETANDREFRESH"; CONNECT USING SQLCA; dw_subscriptions.SetTransObject(SQLCA); dw_subscriptions.Retrieve();