PolyBase で外部データソースとしてBugzilla を連携利用

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Bugzilla ODBC Driver

Bugzilla ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからBugzilla プロジェクト管理データに連携。

Bugzilla にデータベースのようにアクセス - ODBC インターフェースでBugs、Branches、Users など多様なデータにSQL でクエリ。



CData ODBC Driver for Bugzilla とSQL Server 2019 のPolyBase を使って、リアルタイムBugzilla に外部データソースとしてアクセス。

SQL Server のPolyBase は、データベーステーブルをクエリするTransact-SQL 構文を使って、外部データにクエリする仕組みです。 CData ODBC Drivers for Bugzilla を組み合わせて使うことで、SQL Server データと同じようにBugzilla へのアクセスが可能です。 本記事では、外部データソースと外部テーブルの作成から、T-SQL クエリを使ってライブBugzilla データへ接続を認可するところまで説明します。

CData ODBC ドライバーは、ドライバーに組み込まれた最適化されたデータ処理により、PolyBase でライブBugzilla データを送受信するための圧倒的なパフォーマンスを提供します。SQL Server からBugzilla に複雑なSQL クエリを発行すると、ドライバーはフィルタや集計などのサポートされているSQL 操作をBugzilla に直接プッシュダウンし、組み込みSQL エンジンを利用して、サポートされていない操作(一般的にはSQL 関数とJOIN 操作) をクライアント側で処理します。また、PolyBase を使用することで、単一のクエリを使用して分散ソースからデータをプルし、SQL Server データをBugzilla と結合することもできます。

Bugzilla への接続

未指定の場合は、初めにODBC DSN(data source name)で接続プロパティを指定します。ドライバーのインストールの最後にアドミニストレーターが開きます。Microsoft ODBC Data Source Administrator を使用して、ODBC DSN を作成および構成できます。PolyBase を使用してSQL Server に外部データソースを作成するには、System DSN を構成します。(CData Bugzilla Sys は自動的に作成されます。)

Bugzilla アカウントには以下の接続プロパティで接続します:

  • URL: Bugzilla 開発者ページの(Home ページ)。
  • ApiKey: Bugzilla 開発者ページのPreferences -> API Keys で生成したAPI Key。

[接続のテスト]をクリックして、DSN がBugzilla に正しく接続できているかを確認します。[テーブル]タブに移動し、Bugzilla のテーブル定義を確認します。

Bugzilla データの外部データソースを作成

接続を構成したのち、外部データソースのマスター暗号化キーと資格情報データベースを作成する必要があります。

マスター暗号化キーの作成

以下のSQL コマンドを実行して新しいマスターキー[ENCRYPTION]を作成し、外部データソースの資格情報を暗号化します。

CREATE MASTER KEY ENCRYPTION BY PASSWORD = 'password';

資格情報データベースの作成

以下のSQL コマンドを実行してBugzilla に接続されている外部データソースの資格情報を作成します。

Note:Bugzilla は認証にUser やPassword を必要としないため、IDENTITY とSECRET に任意の値を使用できます。

CREATE DATABASE SCOPED CREDENTIAL bugzilla_creds
WITH IDENTITY = 'username', SECRET = 'password';

Bugzilla の外部データソースを作成

以下のSQL コマンドを実行し、以前作成したDSN と資格情報を使用して、PolyBase でBugzilla の外部データソースを作成します。

Bugzilla の場合、SERVERNAME を[localhost]または[127.0.0.1]に設定し、PORT を空のままにします。PUSHDOWN は、デフォルトでON に設定されているため、ODBC Driver は、サーバー側の処理を利用して複雑なクエリを実行できます。

CREATE EXTERNAL DATA SOURCE cdata_bugzilla_source
WITH ( 
  LOCATION = 'odbc://SERVERNAME[:PORT]',
  CONNECTION_OPTIONS = 'DSN=CData Bugzilla Sys',
  -- PUSHDOWN = ON | OFF,
  CREDENTIAL = bugzilla_creds
);

Bugzilla の外部テーブルを作成

外部データソースを作成したら、CREATE EXTERNAL TABLE ステートメントを使用してSQL Server インスタンスからBugzilla にリンクします。テーブルカラムの定義は、CData ODBC Driver for Bugzilla によって公開されているものと一致しなければなりません。DSN Configuration Wizard の[テーブル]タブを参照し、テーブルの定義を確認できます。

CREATE TABLE ステートメントのサンプル

以下は、Bugzilla Bugs に基づいて外部テーブルを作成するステートメントの一例です。

CREATE EXTERNAL TABLE Bugs(
  Id [nvarchar](255) NULL,
  Summary [nvarchar](255) NULL,
  ...
) WITH ( 
  LOCATION='Bugs',
  DATA_SOURCE=cdata_bugzilla_source
);

SQL Server インスタンスでBugzilla の外部テーブルを作成すると、ローカルデータとリモートデータを同時にクエリできるようになります。CData ODBC Driver に組み込まれているクエリ処理により、可能な限り多くのクエリ処理がBugzilla にプッシュされることで、ローカルのリソースと計算リソースが解放されます。ODBC Driver for Bugzilla の30日間無料トライアルをダウンロードし、SQL Server データでライブBugzilla データを使い始めましょう。