今すぐお試しください!

製品の詳細CData ODBC Driver for Bugzilla を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Microsoft Power Query でBugzilla データを連携して利用

CData Bugzilla ODBC Driver はMicrosoft Power Query で使用できます。この記事ではODBC driver を使ってBugzilla データをMicrosoft Power Query にインポートします。



CData ODBC Driver for Bugzilla を使ってMicrosoft Power Query からBugzilla に接続し、あらゆるデータを参照することができます。この記事では、ODBC driver を使ってBugzilla をMicrosoft Power Query にインポートする方法について詳しく説明します。

  1. 接続プロパティが未設定の場合には、データソース名の設定を行います。

    一般的な接続文字列は次のとおりです:

    Url=http://yourdomain/Bugzilla;APIKey=abc123;

    DSN はビルトインのMicrosoft ODBC データソースアドミニストレーターで設定できます。これはドライバーのインストールの最後の手順です。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってDSN を作成および設定する方法は、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

  2. Excel のリボンから[データ]->[データの取得]-[Power Query の起動]をクリックします。

  3. Power Query エディター画面が開くので、[新しいクエリ]->[新しいソース]->[その他ソース]->[ODBC]をクリックします。
  4. 使用するデータソースを選択します。

  5. 詳細クエリで、カスタムデータをインポートするSELECT ステートメントを入力することもできます。例:

    SELECT * FROM Bugs
  6. 必要に応じてクレデンシャル情報を入力し[接続]をクリックします。ナビゲータが開くので、ツリー形式で表示されるテーブルから使用するテーブルを選択します。プレビューにデータが表示されます。OK を押します。データがクエリビューに表示されます。別のデータソースからクエリを結合、または[Power Query formulas]を使ってデータをリファインできます。ワークシートにクエリをロードするには、[閉じて読み込む]ボタンをクリックします。

 
 
ダウンロード