今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for Bullhorn CRM を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Bullhorn CRM データをASTERIA Warp に繋いでみた

Bullhorn CRM をEAI ツールのASTERIA Warp にデータ接続して、データソースとする方法。



CData JDBC Driver for Bullhorn CRM は、JDBC 標準をインプリメントし、BI ツールからIDE まで幅広いアプリケーションでBullhorn CRM への接続を提供します。この記事では、ASTERIA Warp からBullhorn CRM に接続する方法を説明します。

Bullhorn CRM データのJDBC データソースを作成

下記の手順に従って、ASTERIA Warp からBullhorn CRM に接続して、RDB コネクションを作成します。

  1. ASTERIA WARP のasteriawarp\jre\lib\ext ディレクトリにCDATA JDBC Driver インストールディレクトリの[lib]サブフォルダ内のcdata.jdbc.bullhorncrm.jar ファイルをコピーして配置します。
  2. 左のコネクションペインで[コネクションの作成]をクリックし、[接続種別]で[RDB]を選択します。
  3. コネクションの名前を入力して、OKを押します。

右のプロパティペインで接続設定を行います。

  1. データベースタイプ:Other
  2. ドライバー:cdata.jdbc.bullhorncrm.BullhornCRMDriver
  3. URL: jdbc:bullhorncrm: に続けてセミコロン区切りで接続プロパティを入力します。
    一般的なJDBC URL は次の通りです: jdbc:bullhorncrm:DataCenterCode=CLS33;OAuthClientId=myoauthclientid;OAuthClientSecret=myoauthclientsecret;

JDBC Driver の接続文字列デザイナーを使う

JDBC 接続文字列を作るには、Bullhorn CRM JDBC Driver のビルトイン接続文字列デザイナーを使う方法があります。ドライバーの.jar ファイルをダブルクリックするか、コマンドラインから.jar ファイルを実行します。

Windows:

java -jar 'C:\Program Files\CData\CData JDBC Driver for Bullhorn CRM 2019\lib\cdata.jdbc.bullhorncrm.jar'

MacOS:

java -jar cdata.jdbc.bullhorncrm.jar

接続プロパティに値を入力して、生成される接続文字列をクリップボードにコピーします。

左のコネクションペインで右クリックで保存して、[テスト接続]を実施します。これでBullhorn CRM Data への接続が確立され、ASTERIA WARP 上でRDB としてBullhorn CRM Data が利用できるようになりました。

ASTERIA Warp 4 以前のバージョンでは、JDBC Forward Only ドライバーの設定が必要です。この設定を行わないと、クエリ実行時に(This driver only supports TYPE_FORWARD_ONLY cursors)が発生します。

  1. [フローサービス管理コンソール]>[サービス]タブ>[フローエンジン]>[編集]ボタン>[JDBC Forward Only ドライバー]欄に以下を追加します。
    cdata.jdbc.bullhorncrm.BullhornCRMDriver
  2. 保存して設定完了です。

BullhornCRMのデータを抽出(SELECT)するフローを作成します。

  1. フローを作成し、RDB Get をドラグ&ドロップします。
  2. プロパティ[コネクション名]で設定したコネクションを選択します。
  3. RDB Get アイコンをダブルクリックして、[SQL ビルダー]を開きます。
  4. Bullhorn CRM の表示されているテーブルから抽出するカラム・テーブルを指定するSQL を書きます。
  5. [SELECT テスト]をクリックし、テーブル内容が表示されたら、SQL ビルダーを閉じます。
  6. フローを実行します。

このようにBullhornCRM 内のデータをAPI を書くことなくASTERIA 上で処理することができるようになります。

サポートされるSQL についての詳細は、ヘルプドキュメントの「サポートされるSQL」をご覧ください。テーブルに関する情報は「データモデル」をご覧ください。

 
 
ダウンロード