今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for Dynamics 365 Business Central を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Pentaho Report Designer にDynamics 365 Business Central データに連携して分析

Pentaho BI ツールでDynamics 365 Business Central のレポートを作成。



CData JDBC Driver for Dynamics 365 Business Central はダッシュボードや帳票ツールからリアルタイムDynamics 365 Business Central データへの連携を可能にします。この記事では、Dynamics 365 Business Central をJDBC データソースとして接続する方法と、Pentaho でDynamics 365 Business Central を元に帳票を作成する方法を説明します。

接続と帳票の作成

  1. インストールディレクトリの[lib]サブフォルダ内のJAR ファイルをコピーし、Pentaho のディレクトリ内の\Report-Designer\lib\jdbc\ フォルダに配置します。
  2. \Report-Designer\ フォルダのreport-designer.bat ファイルを起動し、Report-Designer UI を開きます。
  3. 以下の手順でドライバーを新しいデータソースに設定します。[Data]>[Add Data Source]>[Advanced]>[JDBC (Custom)]とクリックし、新しいDynamics 365 Business Central 接続を作成します。ダイアログが表示されたら、次のように接続プロパティを設定します。

    • Custom Connection URL property:JDBC URL を入力。初めに以下を入力し jdbc:d365businesscentral: 次にセミコロン区切りで接続プロパティを入力します。

      To authenticate to Dynamics 365 Business Central, you must provide the User and AccessKey properties.

      データに接続するには、OrganizationUrl を指定します。OrganizationUrl は、 http://businesscentral.dynamics.com/abc123/ などのBusiness Central アカウントへのエンドポインであるか、Web サービスのルートを参照する必要があります。OrganizationUrl を指定する方法 および利用可能なエンドポイントについての詳細は、Business Central エンドポイント を参照してください。 組織内に複数の会社がある場合は、どの会社に接続するかを特定するためにCompany を指定する必要があります。 会社が1つだけの場合は、Company を指定する必要はありません。

      Dynamics 365 Business Central に認証するには、User およびAccessKey 接続プロパティを指定します。Microsoft では、これらをテストおよび開発目的で推奨します。ただし、運用環境での使用は推奨していません。 User およびAccessKey の値を取得するには、Dynamics 365 Business Central の[ユーザー]ページに移動して[編集]をクリックします。User Name および Web Service Access Key の値は、User およびPassword 接続文字列プロパティとして入力する値です。User Name はE メールアドレス ではありません。短縮されたユーザー名です。

      Microsoft では、OAuth 認証を使用する本番ユースケースを推奨します。詳細については、OAuth 認証の使用 を参照してください。

      以下は一般的なJDBC URL です:

      jdbc:d365businesscentral:OrganizationUrl=https://myaccount.financials.dynamics.com/;
    • Custom Driver Class Name:cdata.jdbc.d365businesscentral.D365BusinessCentralDriver と入力。
    • User Name:認証するユーザーネーム。
    • Password:認証するパスワード。

レポートに Dynamics 365 Business Central データを追加

これで、Dynamics 365 Business Central の帳票を作成する準備が整いました。

  1. 帳票にDynamics 365 Business Central データソースを追加します:[Data]>[Add Data Source]>[JDBC]をクリックし、データソースを選択します。

  2. クエリを設定します。この記事では次を使います:

    SELECT accountid, Name FROM Accounts
  3. 帳票にチャートをドラッグし、ダブルクリックしてチャートを編集します。帳票を実行して、チャートを表示します。このクエリ結果を使って、Accounts テーブルのシンプルなチャートを作成することができます。
  4. 帳票を実行して、チャートを見てみましょう。
 
 
ダウンロード