製品をチェック

無償トライアル:

無償トライアルへ

製品の情報と無償トライアルへ:

DocuSign ODBC Driver

DocuSign ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからDocuSign データに連携。

DocuSign にデータベースのようにアクセス - Accounts、Envelopes、Folders にODBC インターフェースで接続。

Microsoft Power Query からDocuSign データに連携して利用


CData DocuSign ODBC Driver はMicrosoft Power Query で使用できます。この記事ではODBC Driver を使ってDocuSign データをMicrosoft Power Query にインポートする方法を紹介します。


古川えりか
コンテンツスペシャリスト

docusign ロゴ画像

ODBC Driver

odbc ロゴ画像
Excel ロゴ画像

CData ODBC Driver for DocuSign を使ってMicrosoft Power Query からDocuSign に接続すれば、お好みのDocuSign データを取得できます。この記事では、ODBC Driver を使ってDocuSign をMicrosoft Power Query にインポートする方法について詳しく説明します。

DocuSign への接続の設定

  1. まずは、本記事右側のサイドバーからDocuSign ODBC Driver の無償トライアルをダウンロード・インストールしてください。ODBC ドライバーのインストール完了時にODBC DSN 設定画面が立ち上がります。または、Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってDSN を作成および設定できます。

    DocuSign への接続には以下の接続プロパティを設定します:

    • UseSandbox: UseSandbox は現在のユーザーアカウントがサンドボックスかそうでないかを示します。デフォルトはfalse です。サンドボックスアカウントがある場合はTrue に設定します。
    • AccountId (optional): 認証が成功すると自動的に設定されます。 または、複数のAccount Id にアクセスできる場合は、接続文字列で手動で設定できます。アカウントId を取得するには、UserInfo ビューをクエリします。

    DocuSign への認証

    DocuSign はOAuth 認証標準を利用しています。OAuth を使って認証するには、アプリケーションを作成してOAuthClientId、OAuthClientSecret、およびCallbackURL 接続プロパティを取得しなければなりません。認証方法については、ヘルプドキュメントの「OAuth 認証の使用」を参照してください。

    一般的な接続文字列は次のとおりです:

    OAuthClientId=MyClientId; OAuthClientSecret=MyClientSecret; CallbackURL=http://localhost:33333;

Microsoft Power Query でDocuSign データをインポート

ODBC 側の設定が完了したら、Excel からPower Query を起動して実際にデータを取得していきます。

  1. Excel のリボンから「データ」->「データの取得」-「Power Query の起動」をクリックします。
  2. Power Query エディター画面が開くので、「新しいクエリ」->「新しいソース」->「その他ソース」->「ODBC」をクリックします。
  3. 使用するデータソースを選択します。
  4. 詳細クエリで、カスタムデータをインポートするSELECT 文(SQL)を入力することもできます。例: SELECT * FROM Documents ODBC 接続文字列とSELECT 文。
  5. 必要に応じてクレデンシャル情報を入力し、「接続」をクリックします。ナビゲータが開くので、ツリー形式で表示されるテーブルから使用するテーブルを選択します。プレビューにデータが表示されます。OK を押します。データがクエリビューに表示されます。別のデータソースからクエリを結合、または「Power Query formulas」を使ってデータをリファインできます。ワークシートにクエリをロードするには、[閉じて読み込む]ボタンをクリックします。
  6. Power Query で取得したテーブル。

おわりに

このようにCData ODBC Drivers と併用することで、270を超えるSaaS、NoSQL データをPower Query から扱うことができます。30日の無償評価版が利用できますので、ぜひ自社で使っているクラウドサービスやNoSQL と合わせて活用してみてください。