Blazor でe-Sales Manager データにリアルタイムで連携するアプリを構築

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

e-Sales Manager Remix ADO.NET Provider

Customer、Product、Business などのe-Sales Manager データを組み込んだ強力な.NET アプリケーションを迅速に作成して配布できます。



ASP.NET Core Blazor C# でe-Sales Manager にSQL でクエリ。



Blazor は、.NET を使って対話型のクライアント側Web UI を構築するためのフレームワークです。JavaScript の代わりにC# を使って、UI を作れるところが魅力です。また、既存の.NET ライブラリや.NET エコシステムを使うことができる利点があります。

CData ADO.NET Provider for e-Sales Manager は、LINQ やEntity Framework などの標準のADO.NET インターフェースを使ってe-Sales Manager を操作可能にします。Blazor が.NET Core 対応をしているため、Server Side Blazor からADO.NET Provider を使うことができます。この記事では、Server Side Blazor からe-Sales Manager に接続して直接SQL クエリを実行する方法を説明します。

CData ADO.NET Provider for e-Sales Manager のインストール

CData ADO.NET Provider は、通常であればRDB に接続するフレームワークである ADO.NET DataAdapter やLinqToSQL(もしくはDapper などのORM を挟んでもいいです)であり、e-Sales Manager のデータへもRDB と同感覚でアクセスが可能になります。

CData のWebsite からProvider をダウンロードして、マシンにインストールします。NuGet からインストールすることも可能です。e-Sales Manager ADO.NET Data Provider で検索してください。

Blazor でe-Sales Manager にデータ連携するアプリを構築

Blazor にADO.NET Provider for e-Sales Manager を接続

  • Visual Studio を立ち上げて、Blazor アプリのプロジェクトを作成します。
  • ソリューションエクスプローラーで「依存関係」から右クリックで「プロジェクト参照の追加」をクリック。
  • 参照マネージャーが開くので、「参照」ボタンをクリックして、先ほどインストールしたADO.NET Provider の.dll を選択します。「C:\Program Files\CData\CData ADO.NET Provider for ESalesManager 2019J\lib etstandard2.0」内のSystem.Data.CData.ESalesManager.dll」を参照に選びます。

Blazor でe-Sales Manager データをSELECT

サンプルプロジェクトの「Page」→「Index.razor」を開きます。

以下のコードを書きます。使っているクエリはおなじみの標準SQL です。e-Sales Manager 固有のAPI を書かなくてもRDB と同感覚でSQL が書けるところがADO.NET Prover for e-Sales Manager の強味です。

    
      @page "/"
      @using System.Data;
      @using System.Data.CData.ESalesManager;
      
      

Hello, world!

Welcome to your Data app.
@using (ESalesManagerConnection connection = new ESalesManagerConnection( "User=MyUsername;Password=MyPassword;URL=MyInstanceURL;TenantId=MyTenantId;")) { var sql = "SELECT Name, Address FROM Customer"; var results = new DataTable(); ESalesManagerDataAdapter dataAdapter = new ESalesManagerDataAdapter(sql, connection); dataAdapter.Fill(results); @foreach (DataColumn item in results.Rows[0].Table.Columns) { } @foreach (DataRow row in results.Rows) { @foreach (var column in row.ItemArray) { } }
@item.ColumnName
@column.ToString()
}

e セールスマネージャー Remix に接続するには、User、Passowrd、URL、TenantId パラメータが必要です。

  • User:API を実行するためのログインユーザーのユーザーID。
  • Password:API を実行するためのログインユーザーのユーザーパスワード
  • URL:e-Sales Manager Remix エンドポイントへのURL。例:https://XXX.softbrain.co.jp
  • TenantId:e-Sales Manager Remix テナント名のTenantd。例:cdata

プロジェクトをリビルドして実行します。このようにe-Sales Manager からデータを直接取得し、HTML テーブル形式にレンダリングしています。

もちろんSaaS データソースへの接続の場合には、RDB 向けのドライバーと違い最終的にはHTTP リクエストが行われるので、サーバーサイド Blazor としてサーバーサイドから実行されるのか、クライアントサイド Blazor として、実行中のブラウザからHTTPリクエストが行われるのかの違いはあります。そのあたりはネットワークやプロキシの設定として注意が必要でしょう。設定はコード内の接続プロパティで可能です。

まとめ

このようにサーバーサイドBlazor アプリから簡単にADO.NET Provider を使ってe-Sales Manager にリアルタイムでデータ取得を行うアプリを作ることができました。Blazor が.NET Core、フレームワークのツール群を使えるというメリットを活かすことができます。今回はSELECT * でしたが、フィルタリングやJOIN も可能です。INSERT、UPDATE、DELETE も標準SQL で書くことができます。是非、30 日の無償トライアル でシンプルかつパワフルなADO.NET Provider でのサーバーサイドBlazor 連携をお試しください。