Power Automate を使用してe-Sales Manager データを自動化されたタスクに統合

詳細情報をご希望ですか?

製品について詳細情報や無償トライアルをご案内します:

CData Connect



CData Connect Cloud を使用してe-Sales Manager データの仮想SQL Server データベースを作成し、ライブe-Sales Manager データをPower Automate (Microsoft Flow) タスクに統合します。

Power Automate(Microsoft Flow)は、一般的なアプリとサービスのイベント(ワークフロー)を自動化するオンラインサービスです。CData Connect Cloud と組み合わせると、ビジュアライゼーションやダッシュボードなどのためにe-Sales Manager データにクラウド間でアクセスできます。この記事では、Power Automate からConnect Cloud に接続し、ライブe-Sales Manager データをワークフローとタスクに統合する方法を説明します。

CData Connect Cloud は、純粋なSQL のクラウド間インターフェースをe-Sales Manager に提供し、データを複製することなくPower Automate からライブe-Sales Manager データに簡単に統合できるようにします。Power Automate はCData Connect Cloud をSQL Server データベースのように認識し、最適化されたデータ処理を使用してサポートされているすべてのSQL 操作(フィルタ、JOIN など)をe-Sales Manager に直接プッシュし、サーバーサイドの処理を利用して、e-Sales Manager データを素早く返します。

e-Sales Manager データの仮想SQL データベースを作成する

CData Connect Cloud は、簡単なポイントアンドクリックインターフェースを使用してデータソースに接続し、API を生成します。

  1. Connect Cloud にログインし、[Databases]をクリックします。
  2. [Available Data Sources]から[e-Sales Manager]を選択します。
  3. 必要な認証プロパティを入力し、e-Sales Manager に接続します。

    e セールスマネージャー Remix に接続するには、User、Passowrd、URL、TenantId パラメータが必要です。

    • User:API を実行するためのログインユーザーのユーザーID。
    • Password:API を実行するためのログインユーザーのユーザーパスワード
    • URL:e-Sales Manager Remix エンドポイントへのURL。例:https://XXX.softbrain.co.jp
    • TenantId:e-Sales Manager Remix テナント名のTenantd。例:cdata
  4. Test Database ]をクリックします。
  5. [Privileges]->[ Add]とクリックし、適切な権限を持つ新しいユーザー(または既存のユーザー)を追加します。

CData Connect Cloud に接続する

Connect Cloud を使用してe-Sales Manager データをPower Automate タスクに統合するには、新しいSQL Server 接続が必要です。

  1. Power Automate にログインします。
  2. [Data]->[Connections]->[New connection]とクリックします。
  3. SQL Server を選択します。
  4. 接続ウィザードにて

    • Authentication Type を"SQL Server Authentication" に設定します。
    • SQL server name をConnect Cloud インスタンスのアドレスに設定します。(myinstance.cdatacloud.net
    • SQL database name を以前作成したe-Sales Manager の名前(esalesmanagerdb など)に設定します。
    • UsernamePassword を設定し、[Create]をクリックします。

e-Sales Manager データをPower Automate Tasks に統合する

Connect Cloud への接続が構成されたら、ライブe-Sales Manager データをPower Automate タスクに統合する事ができるようになります。

  1. Power Automate にログインします。
  2. [My flows]->[New]とクリックし、空白またはテンプレートからフローを作成することを選択します。
  3. SQL Server アクション(Get rows など)を追加または構成し、Connect Cloud 接続に接続するようにアクションを構成します。
  4. 使用するテーブルをドロップダウンメニューから選択し、詳細オプション(フィルタ、オーダーなど)を構成します。
  5. フォローしてテストするアクションを構成し、フォローを保存します。

クラウドアプリケーションからe-Sales Manager データへのSQL アクセス

Power Automate タスクからライブe-Sales Manager データへの直接接続ができるようになりました。これで、e-Sales Manager データを複製することなくより多くの接続とワークフローを作成してビジネスを加速できます。

クラウドアプリケーションから直接230+ SaaS 、Big Data 、NoSQL ソースへのSQL データアクセスを取得するには、CData Connect Cloud を参照してください。