Google Data Studio(Data Portal) からe-Sales Manager データに連携してレポートを作成

Ready to get started?

Learn more or sign up for a free trial:

CData Connect



CData Connect Cloud を使ってe-Sales Manager の仮想MySQL データベースを作成して、Google Data Studio(Data Portal)でe-Sales Manager データを使ったカスタムレポートを作成します。

Google Data Studio は、大変使いやすいビジュアライゼーションとレポーティングが可能なサービスです。Google Data Studio とCData Connect Cloud を一緒に使うことで、簡単にe-Sales Manager データに連携するレポートを作成することができます。この記事では、Google Data Studio t とConnect Cloud でe-Sales Manager に連携するシンプルなレポートを作成する方法を説明します。

CData Connect Cloud は、e-Sales Manager データのクラウドto クラウドのインターフェースを提供し、Google Data Studio からリアルタイムe-Sales Manager データに連携することができます。ビジュアライズを作成すると、Google Data Studio がクエリを自動的に発行してリアルタイムデータを取得します。CData Connect Cloud がクエリ(フィルタリングやJOIN も可能)をパースしてe-Sales Manager に送り、Google Data Studio にe-Sales Manager からのデータを返します。インテリジェントなサーバーサイドプロセスで、多様なクエリをパフォーマンス良く利用できます。

この設定には、CData Connect Cloud インスタンスおよびCData Connect Cloud Connector for Google Data Studioが必要です。是非、https://www.cdata.com/jp/connect からCData Connect Cloud のトライアルと詳細情報をご覧ください。


CData Connect Cloud からe-Sales Manager に接続

CData Connect Cloud は、直観的なPoint-and-click インターフェースでデータソースへの接続およびAPI エンドポイント作成を行います。

  1. Connect Cloud にログインして、Databases をクリックします。
  2. 利用できるデータソースアイコンから"e-Sales Manager" を選択します。
  3. e-Sales Manager に接続するために必要なプロパティを入力します。

    e セールスマネージャー Remix に接続するには、User、Passowrd、URL、TenantId パラメータが必要です。

    • User:API を実行するためのログインユーザーのユーザーID。
    • Password:API を実行するためのログインユーザーのユーザーパスワード
    • URL:e-Sales Manager Remix エンドポイントへのURL。例:https://XXX.softbrain.co.jp
    • TenantId:e-Sales Manager Remix テナント名のTenantd。例:cdata
  4. Test Database をクリックします。
  5. Privileges -> Add をクリックして、新しいユーザーを追加し、適切な権限を指定します。

これで、e-Sales Manager の仮想データベースが作成でき、Google Data Studio からの連携が可能になりました。

Google Data Studio からリアルタイムe-Sales Manager データにアクセスしてビジュアライズを作成

以下の手順で、Google Data Studio でCData Connect Cloud を使って、e-Sales Manager データのビジュアライゼーションを作成します。

  1. Google Data Studio にログインして、データソース、新しいデータソースとクリックし、CData Connect Cloud Connector を選択します。
  2. Connector に権限を許可します。
  3. (myinstancemyinstance.cdatacloud.net)、username、password を入力してCData Connect にアクセスします。
    • Username: myinstance/username
    • Password: your Connect Cloud password
  4. Database (e.g. ESalesManager1) を選択して、Next をクリックします。
  5. Table (e.g. Customer) を選択します。
  6. Connect をクリックします。
  7. 必要があれば、カラムを変更できます。Create Report をクリックして、データを取得します。
  8. あとは通常のRDB などのデータと同じようにスタイルを選択してビジュアライズを作成します。
  9. Dimensions およびMeasures を選択していきます。

Optional:MySQL Connector への接続

もしカスタムSQL クエリを使いたい場合には、MySQL Connector を使うことで実現が可能です。Server アドレス、ポート、ユーザー名、パスワードのサーバー情報を使ってCData Connect Cloud に接続します。

クラウドアプリケーションからe-Sales Manager データにSQL アクセスを実現

このようにGoogle Data Studio からe-Sales Manager データにクラウド-to-クラウドでの連携ができました。CData Connect では、他にも多くのデータソースに対応しています。

クラウドアプリケーションから220+ SaaS、BigData、NoSQL にSQL でデータ連携するには、CData Connect Cloud を是非お試しください。