今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for e-Sales Manager Remix を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

e-Sales Manager データをDell Boomi AtomSphere で連携利用する方法:CData JDBC Driver

CData JDBC Driver for e-Sales Manager を使って、データ統合サービス(iPaaS)のDELL Boomi で e-Sales Manager data をノーコードで連携。

Boomi AtomSphere https://boomi.com/は、Dell Boomi 社が提供する、 シングルインスタンス、マルチテナントアーキテクチャを特徴としているデータ統合サービス(iPaaS)です。データ統合機能だけでなく、マスターデータのハブ機能、EDI、APIManagement、WorkFlow といったビジネスユースに必要なデータ連携のすべてを実現する機能をシングルプラットフォームで提供しています。

この記事では、Boomi AtomSphere のオンプレミスAtom deployment 機能を使って、CData JDBC Driver 経由でe-Sales Manager データにアクセスする方法を紹介します。CData Drivers を使うことで、RDB のようにBoomi 内でe-Sales Manager データを扱うことができるようになります。

Boomi のon-Premise Atom depleyment の作成

on-Premise Atom deployment (右上の青部分)を利用する構成としました。この機能を利用することでOn-Premise 側に配置したCData JDBC Driver 経由でのSaaS 連携を実現します。

  • ブラウザからBoomi Atom のManage > Atom Management のタブを開きます。
  • +New > Atom を開きます。
  • Atom Setup ダイアログが開くので、ブラウザを開いているマシンのOS(本例ではWindows10Pro 64bit)のSetup ファイルをダウンロードします。
  • ダウンロードした「atom_install64.exe」を実行するとインストーラが起動します。
  • Setup Wizard を進めます。
  • ブラウザからBoomi Atom へのログインする時のUser・Password をセットして、Atom Name はデフォルトのまま、次に進みます。
  • on-Premise Atom deployment のインストールディレクトリ(デフォルト)を指定して次に進みます。
  • Setup Wizard を終了(Finish)します。
  • ブラウザからBoomi Atom のManage > Atom Management のタブを開いて、上記で作成したon-Premise Atom Deployment が起動していることを確認します。なお、Windows マシンの場合、サービスからも起動を確認できます。on-Premise Atom deployment の作成は以上です。

Boomi on-Premise Atom deployment モジュールへのJDBC ドライバの配置

次に別途ダウンロード・インストールしたCData JDBC Driver for e-Sales Manager をBoomi on-premise Atom モジュールに配置していきます。

    JDBC Drivers ファイルをCData 製品のインストールフォルダからon-Premise Atom deployment インストールパス配下のパスにコピーします。
  • cdata.jdbc.esalesmanager.jar
  • cdata.jdbc.esalesmanager.lic (試用版では.lic ファイルは不要)
  • コピー元:C:\Program Files\CData\CData JDBC Driver for ESalesManager 2019J\lib
  • コピー先:C:\Boomi AtomSphere\Atom - 10.211.55.9\lib

コピーしたらBoomi Atom をブラウザからリスタート(Restart Atom)してください。作成したon-Premise Atom deployment のInstalledLibraries にJDBCの.jar ファイルが表示されれば成功です。

e-Sales Manager のConnectionの作成

Boomi Atom からe-Sales Manager データソースに接続するためのConnection を作成します。

  • Welcom 画面の「Component > Connetion」を選択するとCreate Component ウィザードが開きます。
  • e-Sales Manager data への接続用のConnection 設定として以下の値をセットします。
    • Type: Connection
    • Component Name: ConnectionCDataESalesManager
    • Folder: 任意のパス
    • Connector: Database
  • ついにJDBC Driver の接続設定を行います。
    • Driver Type: Custom
    • Class Name: cdata.jdbc.esalesmanager.ESalesManagerDriver
    • User Name: 本来であれば不要ですが、空のままだと後の手順でバリデーションエラーが発生するので適当な値をセットします
    • Password: 本来であれば不要ですが、空のままだと後の手順でバリデーションエラーが発生するので適当な値をセットします
    • Connection URL: jdbc:esalesmanager:User=MyUsername;Password=MyPassword;URL=MyInstanceURL;TenantId=MyTenantId;
  • Connection の値を設定したら接続テストを行います。右上のTest Connection ボタンをクリックします。実行するAtom を選択する画面が表示されるので、上記手順で作成したon-Premise Atom deployment を選択します。
  • テスト接続が成功することを確認してFinish ボタンでウィザードを閉じます。
  • 作成した e-Sales Manager data への接続Connection を保存(Save)します。

Boomi Atom でのe-Sales Manager data Profile の作成

次にProfile を設定していきます。ProfileとはSQL(SELECT/INSERT/UPDATE/DELETE)実行時のフィールド定義です。

  • e-Sales Manager data のテーブルをSELECT するProfile を作成していきます。
    • Type: Profle
    • Component Name: ProfileCDataESalesManager
    • Folder: 任意のパス
    • Connector: Database
  • 二つのパラメータに、Display Name: デフォルト, Type: Select と値をセットしたら右上のImportボタンをクリックします。
  • Database Import Wizardが開くので、以下のパラメータをセットして次に進みます。
    • Browse in: 上記手順で作成したon-Premise Atom deployment
    • Connection: 上記手順で作成した接続Connection
  • e-Sales Manager data 内のオブジェクトがテーブル一覧として表示されます。取得するテーブルにチェックをオンにして次に進みます。
  • テーブル内のカラム一覧が表示されます。使用する項目のチェックをオンにして次に進みます。
  • Import ウィザードが完了します。
  • DataElements のField アイコンをクリックすると選択テーブル内のカラムが定義されていることを確認できます。また、SQL Script には取得時のSQL(SELECT)が表示されています。作成したProfile を保存します。
  • これでe-Sales Manager data がBoom Atom で利用できるProfile として登録されました。

Dell Boomi AtomSphere でのe-Sales Manager data の利用

あとは、設定されたProfile はRDB と同じようにBoomi Atom 内で利用することができます。カラムにマッピングを行うこともできます。

このようにCData JDBC Driver をアップロードすることで、簡単にDell Boomi AtomSphere でe-Sales Manager data データをノーコードで連携し、使うことが可能です。

是非、CData JDBC Driver for e-Sales Manager 30日の無償試用版 をダウンロードして、お試しください。

 
 
ダウンロード