Java のe-Sales Manager データエンティティを使用したObject-Relational Mapping (ORM)

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

e-Sales Manager Remix JDBC Driver

商品、在庫、発送状況などのe-Sales Manager データを組み込んだ強力なJava アプリケーションを迅速に作成して配布できます。



Object-relational mapping (ORM) 技術により、リレーショナルデータソースの操作が容易になり、論理的なビジネスモデルと物理的なストレージモデルを橋渡しすることができます。このチュートリアルに従って、e-Sales Manager への接続をJava ベースのORM フレームワークであるHibernate に連携します。

Hibernate を使用することで、オブジェクト指向のドメインモデルを従来のリレーショナルデータベースにマッピングすることができます。以下のチュートリアルでは、CData JDBC Driver for e-Sales Manager を使用し、Hibernate でe-Sales Manager リポジトリのORM を生成する方法を説明します。

この記事を通してEclipse がIDE として選択されていますが、CData JDBC Driver for e-Sales Manager はJava Runtime Environment をサポートするすべての 製品で機能します。Knowledge Base には、IntelliJ IDEA やNetBeans からe-Sales Manager に接続するためのチュートリアルがあります。

Hibernate をインストール

以下のステップに従って、Eclipse にHibernate プラグインをインストールします。

  1. Eclipse で、[Help]->[Install New Software]と進みます。
  2. Work With ボックスに[http://download.jboss.org/jbosstools/neon/stable/updates/] と入力します。
  3. フィルタボックスに、[Hibernate]と入力します。
  4. [Hibernate Tools]を選択します。

新しいプロジェクトを開始

以下のステップに従って、新しいプロジェクトにドライバーJARs を追加します。

  1. 新しいプロジェクトを作成します。プロジェクトタイプとして[Java Project]を選択し、[Next]をクリックします。プロジェクト名を入力し、[Finish]をクリックします。
  2. [project]を右クリックし、[Properties]を選択します。[Java Build Path]をクリックし、[Libraries]タブを開きます。
  3. [Add External JARs]をクリックし、インストールディレクトリのlib サブフォルダにあるcdata.jdbc.esalesmanager.jar ライブラリを追加します。

Hibernate 構成ファイルを追加

以下のステップに従って、e-Sales Manager に接続プロパティを構成します。

  1. [new project]で右クリックし、[New]->[Hibernate]->[Hibernate Configuration File (cfg.xml)]と進みます。
  2. 親フォルダとして[src]を選択し、[Next]をクリックします。
  3. 以下の値をインプットします。

    • Hibernate version:5.2
    • Database dialect:Derby
    • Driver class: cdata.jdbc.esalesmanager.ESalesManagerDriver
    • Connection URL:jdbc:esalesmanager: で始まり、セミコロンで区切られた接続プロパティのリストが続くJDBC URL

      e セールスマネージャー Remix に接続するには、User、Passowrd、URL、TenantId パラメータが必要です。

      • User:API を実行するためのログインユーザーのユーザーID。
      • Password:API を実行するためのログインユーザーのユーザーパスワード
      • URL:e-Sales Manager Remix エンドポイントへのURL。例:https://XXX.softbrain.co.jp
      • TenantId:e-Sales Manager Remix テナント名のTenantd。例:cdata

      ビルトイン接続文字列デザイナ

      JDBC URL の構成については、e-Sales Manager JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

      java -jar cdata.jdbc.esalesmanager.jar

      接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

      以下は一般的なJDBC URL です。

      jdbc:esalesmanager:User=MyUsername;Password=MyPassword;URL=MyInstanceURL;TenantId=MyTenantId;

Hibernate のe-Sales Manager データへの接続

以下のステップに従って、前の手順で作成した構成を選択します。

  1. [Window]->[Open Perspective]->[Hibernate]と進み、Hibernate Configurations パースペクティブに切り替えます。
  2. [Hibernate Configurations]パネルで右クリックし、[Add Configuration]を選択します。
  3. Hibernate version を5.2に設定します。
  4. [Browse]ボタンをクリックし、[project]を選択します。
  5. [Configuration file]フィールドで、[Setup]->[Use Existing]とクリックし、(このデモのsrc フォルダー内にある)hibernate.cfg.xml ファイルを選択します。
  6. [Classpath tab]で、[User Entries]の下に何もなかった場合、[Add External JARS]をクリックしてドライバーjar をもう一度追加します。構成が完了したら、[OK]をクリックします。
  7. 新しく作成されたHibernate 構成ファイルのDatabase node を展開します。

e-Sales Manager データをリバースエンジニアリング

以下のステップに従って、reveng.xml 構成ファイルを生成します。アクセスするテーブルをオブジェクトとして指定します。

  1. Package Explorer に戻ります。
  2. プロジェクトを右クリックし、[New]->[Hibernate]->[Hibernate Reverse Engineering File (reveng.xml)]と進みます。[Next]をクリックします。
  3. 親フォルダとして[src]を選択し、[Next]をクリックします。
  4. [Console configuration drop-down]メニューで、上で作成した[Hibernate configuration]ファイルを選択し、[Refresh]をクリックします。
  5. ノードを展開し、リバースエンジニアリングするテーブルを選択します。完了したら、[Finish]をクリックします。

実行するためのHibernate を構成

以下のステップに従って、plain old Java objects (POJO) をe-Sales Manager テーブルに生成します。

  1. メニューバーから、[Run]->[Hibernate Code Generation]->[Hibernate Code Generation Configurations]と進みます。
  2. [Console configuration drop-down]メニューで、前のセクションで作成した[Hibernate configuration]ファイルを選択します。Output ディレクトリで[Browse]をクリックし、src を選択します。
  3. [JDBC Connection]チェックボックスから[Reverse Engineer]を有効にします。[Setup]ボタンをクリックし、[Use Existing]をクリックして(このデモのsrcフォルダ内にある) hibernate.reveng.xml ファイルの場所を選択します。
  4. [Exporters]タブで[Domain code (.java)]と[Hibernate XML Mappings (hbm.xml)]をチェックします。
  5. [Run]をクリックします。

POJO は、前のステップのリバースエンジニアリング設定に基づいて作成されます。

マッピングタグを挿入

生成したマッピングごとにhibernate.cfg.xml にマッピングタグを作成し、Hibernate がマッピングリソースを指定するようにする必要があります。hibernate.cfg.xml を開き、次のようにマッピングタグを挿入します。

cdata.esalesmanager.ESalesManagerDriver jdbc:esalesmanager:User=MyUsername;Password=MyPassword;URL=MyInstanceURL;TenantId=MyTenantId; org.hibernate.dialect.SQLServerDialect

SQLを実行

前の手順で作成したエンティティを使用して、e-Sales Manager の検索と変更を行うことができます。 import java.util.*; import org.hibernate.Session; import org.hibernate.cfg.Configuration; import org.hibernate.query.Query; public class App { public static void main(final String[] args) { Session session = new Configuration().configure().buildSessionFactory().openSession(); String SELECT = "FROM Customer C WHERE Address = :Address"; Query q = session.createQuery(SELECT, Customer.class); q.setParameter("Address","CustomerAddress"); List<Customer> resultList = (List<Customer>) q.list(); for(Customer s: resultList){ System.out.println(s.getName()); System.out.println(s.getAddress()); } } }