今すぐお試しください!

製品の詳細CData ODBC Driver for e-Sales Manager Remix を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Remote Oracle Database としてe-Sales Manager データにアクセス

Oracle Heterogenous Services を使ってOracle system からe-Sales Manager にアクセス。



CData ODBC Driver for e-Sales Manager を使って、 ODBC 標準をサポートするあらゆるアプリケーションからデータに連携できます。Oracle Database Gateway for ODBC は、ODBC データソースにリモートOracle データベースとして連携接続できるようにするHeterogeneous Services agent (異種サービスエージェント)です。この記事では、CData ODBC Driver for e-Sales Manager を使ってe-Sales Manager からOracle にデータベースリンクを作成する方法、およびSQL*Plus ツールを介してe-Sales Manager に連携してクエリする方法について説明します。SQL Developer からも、データベースリンクの作成およびクエリの実行ができます。

Oracle ODBC Gateway 互換性のための接続プロパティ

ドライバーには複数の接続プロパティがあり、Oracle データベースと同じようにe-Sales Manager にアクセスできます。SQL*Plus およびSQL Developer のe-Sales Manager を扱う場合は、以下のプロパティを設定します。Oracle ODBC Gateway との互換性のため、認証およびその他の必要な接続プロパティに加えて、以下の接続プロパティを設定する必要があります。

  • MapToWVarchar=False

    このプロパティをSQL_WVARCHAR の代わりにSQL_VARCHAR に設定して文字列データ型をマップします。さまざまなインターナショナルキャラクタセットに対応するため、ドライバーはデフォルトでSQL_WVARCHAR を使います。unicode タイプが返されたときに、このプロパティを使ってORA-28528 Heterogeneous Services データタイプ変換エラーを防ぐことができます。

  • MaximumColumnSize=4000

    このプロパティを設定して、カラムの最大サイズを4000文字に制限します。Oracle Database Gateway では、文字列型はカラムの最大サイズが4000である必要があります。

  • UpperCaseIdentifiers=True

    このプロパティで、識別子を引用しないようにし設定します。このプロパティを使って、大文字の識別子をOracle にレポートします。Oracle はデフォルトで識別子を大文字で格納するため、大文字の識別子を引用から避ける必要はありません。

  • IncludeDualTable=True

    このプロパティを設定して、Oracle DUAL 表をモックします。SQL Developer はこのテーブルを使って接続をテストします。

Heterogeneous Service Agent の初期化

下記の手順に従ってODBC Gateway をe-Sales Manager data に作成すると、リアルタイムe-Sales Manager にOracle データベースとしてクエリすることが可能になります。

  1. 接続プロパティの指定がまだの場合は、DSN (データソース名)で行います。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってODBC DSN を作成および設定できます。

    一般的な接続文字列は次のとおりです:

    • User
    • Password
    • URL
    • TenantId

    e セールスマネージャー Remix に接続するには、User、Passowrd、URL、TenantId パラメータが必要です。

    • User: API を実行するためのログインユーザーのユーザーID。
    • Password: API を実行するためのログインユーザーのユーザーパスワード
    • URL: e-Sales Manager Remix エンドポイントへのURL。例:https://XXX.softbrain.co.jp
    • TenantId: e-Sales Manager Remix テナント名のTenantd。例:cdata

    Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターで必要なプロパティを設定する方法は、ヘルプドキュメントの「はじめに」をご参照ください。

  2. oracle-home-directory\hs\admin フォルダにinitmyesalesmanagerdb.ora ファイルを作成し、以下の設定を追加します:

    HS_FDS_CONNECT_INFO = "Your-ESalesManager-DSN"
  3. oracle-home-directory\NETWORK\admin にあるlistener.ora ファイルに、次のアドレスを追加します:

    SID_LIST_LISTENER = (SID_LIST = (SID_DESC = (SID_NAME = myesalesmanagerdb) (ORACLE_HOME = your-oracle-home) (PROGRAM = dg4odbc) ) )
  4. oracle-home-directory\NETWORK\admin にあるtnsnames.ora ファイルに、次の接続ディスクリプタを追加します:

    myesalesmanagerdb = (DESCRIPTION= (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=localhost)(PORT=1521)) (CONNECT_DATA=(SID=myesalesmanagerdb)) (HS=OK) )
  5. 次のコマンドを使って設定をテストします:

    tnsping myesalesmanagerdb
  6. SQL*Plus を起動し、次のコマンドでデータベースリンクを作成します:

    CREATE DATABASE LINK MYESALESMANAGERDB CONNECT TO "user" IDENTIFIED BY "password" USING 'myesalesmanagerdb';

これで、SQL*Plus で次のようなクエリを実行できます:

SELECT * from Customer@myesalesmanagerdb;
 
 
ダウンロード