今すぐお試しください!

製品の詳細CData ODBC Driver for e-Sales Manager Remix を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

RPA ツールUiPath でe-Sales Manager データを連携利用

e-Sales Manager ODBC Driver を使って、UiPath からノーコードで連携フローを作成。



UiPath は高機能なRPA(Robotic Process Automation)製品です。UiPath Studioを使うことで、RPAプログラムをフローチャートを描くように開発することが可能です。 CData ODBC driver を使えば、コーディングなしでUiPath からe-Sales Manager への連携フローを設定することができます。UiPath は、ODBC Driver に対してSQL を発行します。発行されたSQL をCData ODBC driver がe-Sales Manager へのリアルタイムリクエストに変換し、レスポンスをテーブルデータとして取得します。
この記事では、UiPath Studio を使って、e-Sales Manager に連携するRPA プログラムを作成します。

今回作成するUiPath RPA プロジェクト

以下のようなUiPath RPA プロジェクトを作成します。
「Connect Activity」を利用して、e-Sales ManagerCData ODBC driverに接続し、顧客リストを取得するSQLを実行。取得したDatatableを「Write CSV Activity」を利用してCSV出力します。

e-Sales Manager ODBC Driver とUiPath Studio の連携

接続プロパティが未設定の場合は、まずODBC DSN(データソース名)で設定します。これはドライバーのインストールの最後の手順です。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってODBC DSN を作成および設定できます。

e セールスマネージャー Remix に接続するには、User、Passowrd、URL、TenantId パラメータが必要です。

  • User:API を実行するためのログインユーザーのユーザーID。
  • Password:API を実行するためのログインユーザーのユーザーパスワード
  • URL:e-Sales Manager Remix エンドポイントへのURL。例:https://XXX.softbrain.co.jp
  • TenantId:e-Sales Manager Remix テナント名のTenantd。例:cdata

これで、UiPath Studioにe-Sales Manager data を接続することができます。作業手順は以下です。

  1. スタートページからBlank をクリックして、新しいプロジェクトを作成します。新しいデータベースでFile -> Inport Records -> Data Source をクリックし、CData e-Sales Manager DSN を選択します。プロジェクト名は任意の名称を設定します。
  2. e-Sales Manager ODBC Driverの接続を行うためには、Database接続用のActivityが必要になります。 Activities ナビゲーションから[Manage Package]をクリックし、[UiPath.Database.Activities]を検索し、インストールします。
  3. ActivitiesからFlow chartを配置して、下準備は完了です。
  4. ODBC 接続に使用するConnect Activity を配置します。配置後ダブルクリックし、Connectの詳細を表示します。
  5. Connectの詳細画面にて、Configure Connectionをクリックし、Connection Wizard を表示します。Microsoft ODBC Data Source を選択します。
  6. use user or system data source name:から作成したCData e-Sales Manager Source DSNをドロップダウンで選択します。OK を押して接続を確立します。
  7. Connection 情報を格納するための変数を作成し、Propetries のOutput で、DatabaseConnection を指定し、紐付けを行います。

Execute Query Activity の作成

次に先程作成したODBC Connection 情報を使って、ODBC からデータを取り出すクエリを実行するためのExecute Query Activity を作成します。

  1. Activities ナビゲーションから[Execute Query]を選択し、Flowchartに配置します。
  2. Propertiesに以下のように値を入力します。
    ExistingDbConnection: 先程作成したConneciton変数を入力します。
    Sql: e-Sales Manager の対象リストを取得するSELECT 文を入力します。
    DataTable: DataTable型の変数を作成し、入力します。

Write CSV の作成

最後のActivityとして、取得したDataTableをCSV出力するActivityを配置します。[FilePath]に出力するCSVのフォルダパスとファイル名(例:"C:\UiPath\Sample.csv")、DataTableに先程作成したDataTable変数を紐づけます。

各Activity の接続と実行

あとは各Activityを紐付ければ、e-Sales Manager データを出力するRPA プロジェクトの作成は完了です。

RUN をクリックすると、自動的にe-Sales Manager のデータを取得し、CSVが生成されます。

このようにCData ODBC Drivers を利用して、簡単にUiPath Studio でe-Sales Manager に連携するフローを作成することができます。

 
 
ダウンロード