e-Sales Manager データをMySQL にレプリケーションするPowerShell スクリプト

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

e-Sales Manager Remix Data Cmdlets

e-Sales Manager データにリアルタイム連携可能なPowerShell Cmdlets。SQL Server などのDB と同感覚で使えるCmdlets でe-Sales Manager のCustomer、Product、Business などに簡単にアクセス。



PowerShell でシンプルなスクリプトを記述し、e-Sales Manager data をMySQL データベースにレプリケーション(複製)。

CData Cmdlets for e-Sales Manager をつかって、PowerShell からリアルタイムe-Sales Manager data に連携できます。データ同期などのタスクの連携にぴったりの製品です。 本記事では、PowerShell からCData Cmdlets for e-Sales Manager およびCData Cmdlets for MySQL を使って、同期スクリプトを作成して実行します。

まずは、PowerShell でe-Sales Manager への接続を行います。レプリケーションは4つのステップがあります。

e セールスマネージャー Remix に接続するには、User、Passowrd、URL、TenantId パラメータが必要です。

  • User:API を実行するためのログインユーザーのユーザーID。
  • Password:API を実行するためのログインユーザーのユーザーパスワード
  • URL:e-Sales Manager Remix エンドポイントへのURL。例:https://XXX.softbrain.co.jp
  • TenantId:e-Sales Manager Remix テナント名のTenantd。例:cdata

e-Sales Manager データの取得

  1. モジュールのインストール:

    Install-Module ESalesManagerCmdlets
  2. e-Sales Manager への接続:

    $esalesmanager = Connect-ESalesManager -User $User -Password $Password -URL $URL -TenantId $TenantId
  3. 取得ターゲットのリソースの取得:

    $data = Select-ESalesManager -Connection $esalesmanager -Table "Customer"

    Invoke-ESalesManager cmdlet を使って、SQL-92 クエリを使用することもできます:

    $data = Invoke-ESalesManager -Connection $esalesmanager -Query 'SELECT * FROM Customer WHERE Address = @Address' -Params @{'@Address'='CustomerAddress'}
  4. 戻り値からカラム名のリストを保存します。

    $columns = ($data | Get-Member -MemberType NoteProperty | Select-Object -Property Name).Name

e-Sales Manager データをMySQL データベースに入れます

カラム名を指定できるようにして、データをMySQL データベースにレプリケーションします。

  1. モジュールのインストール:

    Install-Module MySQLCmdlets
  2. MySQL DB に、MySQL Server 名、ユーザー、パスワード、レプリケーション先のデータベース名を指定して、接続します:

    $mysql = Connect-MySQL -User $User -Password $Password -Database $Database -Server $Server -Port $Port
  3. e-Sales Manager、保存された値、そしてAdd-MySQL Cmdlet を使って、MySQL にデータを1レコードずつ挿入します。この例では、MySQL 側のテーブルは、e-Sales Manager のリソース(Customer)と同じテーブル名を持っている必要があります。

    $data | % { $row = $_ $values = @() $columns | % { $col = $_ $values += $row.$($col) } Add-MySQL -Connection $mysql -Table "Customer" -Columns $columns -Values $values }

これで、e-Sales Manager データをMySQL に複製できました。これで、分析、BI などでe-Sales Manager データをMySQL から使うことができるようになります。

Notes

  • 一度PowerShell でe-Sales Manager とMySQL に接続したら、次からは1行のコマンドでレプリケーションを実施できます:

    Select-ESalesManager -Connection $esalesmanager -Table "Customer" | % { $row = $_ $values = @() $columns | % { $col = $_ $values += $row.$($col) } Add-MySQL -Connection $mysql -Table "Customer" -Columns $columns -Values $values }
  • 別のPowerShell モジュールで、e-Sales Manager を別のデータベースに複製する場合、Select-ESalesManager cmdlet のデータから、カラム、接続およびテーブルを除外する方がいいでしょう。これらのデータは、CData cmdlet からデータを移動する際にのみ必要なものだからです。:

    $columns = ($data | Get-Member -MemberType NoteProperty | Select-Object -Property Name).Name | ? {$_ -NotIn @('Columns','Connection','Table')}