CData ODBC Driver for Excel を使ってMicroStrategy でExcel データを分析

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Excel ODBC Driver

Excel ODBC ドライバーは、ODBC 接続をサポートする任意のアプリケーションからリアルタイムなExcel スプレッドシートに直接接続できるパワフルなツールです。標準のODBC インタフェースを使用して、シートの読み、書き、更新を実行できます。



MicroStrategy BI プラットフォームのダッシュボードにExcel をノーコードでデータ連携して利用。



CData ODBC Drivers はMicrostrategy のようなBI ツールにおいて、多種な重要なデータソースへのアクセスを実現します。この記事では、Excel への接続方法、UI またはクエリを使ってデータをインポートする方法、そしてダッシュボードでデータビジュアライゼーションをいくつか作成する方法について説明します。

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

MicroStrategy を使ってExcel のクエリを発行

次の手順では、Microstrategy からCData JDBC Driver for Excel を使ってデータに接続する方法を説明します。

  1. 接続プロパティが未設定の場合には、DSN(データソース名)の設定を行います。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってODBC DSN を作成および設定できます。

    一般的な接続文字列は次のとおりです:

    • Excel File

    Authentication セクションのExcelFile には有効なExcel ファイルを設定する必要があります。

    Amazon S3 内のExcel への接続

    URI をバケット内のExcel ファイルに設定します。さらに、次のプロパティを設定して認証します。

    • AWSAccessKey:AWS アクセスキー(username)に設定。
    • AWSSecretKey:AWS シークレットキーに設定。

    Box 内のExcel への接続

    URI をExcel ファイルへのパスに設定します。Box へ認証するには、OAuth 認証標準を使います。 認証方法については、Box への接続 を参照してください。

    Dropbox 内のExcel への接続

    URI をExcel ファイルへのパスに設定します。Dropbox へ認証するには、OAuth 認証標準を使います。 認証方法については、Dropbox への接続 を参照してください。ユーザーアカウントまたはサービスアカウントで認証できます。ユーザーアカウントフローでは、以下の接続文字列で示すように、ユーザー資格情報の接続プロパティを設定する必要はありません。

    SharePoint Online SOAP 内のExcel への接続

    URI をExcel ファイルを含むドキュメントライブラリに設定します。認証するには、User、Password、およびStorageBaseURL を設定します。

    SharePoint Online REST 内のExcel への接続

    URI をExcel ファイルを含むドキュメントライブラリに設定します。StorageBaseURL は任意です。指定しない場合、ドライバーはルートドライブで動作します。 認証するには、OAuth 認証標準を使用します。

    FTP 内のExcel への接続

    URI をExcel ファイルへのパスが付いたサーバーのアドレスに設定します。認証するには、User およびPassword を設定します。

    Google Drive 内のExcel への接続

    デスクトップアプリケーションからのGoogle への認証には、InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定して、接続してください。詳細はドキュメントの「Google Drive への接続」を参照してください。

    Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターで必要なプロパティを設定する方法は、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

  2. ダッシュボードで、+アイコンをクリックしてExcel に接続を追加します。ダイアログが表示されたら、以下の情報を入力します:

    • DSN: Excel ODBC データソース用のDSN を選択。
    • DBMS: メニュー内の[Generic DBMS]オプションを選択。
    • Name: ユーザーフレンドリーなデータソース名を入力。
  3. 接続を選択します。
  4. [Edit SQL]をクリックします。[Editor]パネルの角にある青色ペンのアイコンです。
  5. [Editor]にクエリを入力します: SELECT Name, Revenue FROM Sheet
  6. [Execute SQL]をクリックします。パネルの角にある緑色の再生アイコンです。
  7. [Continue]をクリックして結果を保存します。
  8. 表示されたページで、[Select a Visualization]>[Bar Chart]>[Clustered Bar Chart]をクリックします。