今すぐお試しください!

製品の詳細CData FireDAC Components for Excel Online を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Viewing Excel Online Data in RAD Studio Data Explorer

How to view Excel Online data in RAD Studio Data Explorer using the CData FireDAC Components for Excel Online.

Embarcadero RAD Studio provides a development environment for Delphi and C++Builder applications. With the CData FireDAC Components for Excel Online, you gain access to live Excel Online data within RAD Studio, abstracting the data into tables, views, and stored procedures that can be used to both retrieve and update Excel Online data. This article will walk through connecting to Excel Online using the Data Explorer.

Connecting to Excel Online Data Using Data Explorer

You can create a simple application for displaying Excel Online data by utilizing the CData FireDAC Components for Excel Online and a new VCL Forms Application:

  1. Open the Data Explorer in RAD Studio and expand FireDAC.
  2. Right-click on CData Excel Online Data Source and click Add New Connection.

  3. Name the connection.
  4. Fill in the necessary connection parameters and click OK.

    ワークブックに接続するには、Excel Online への認証を提供し、 次のプロパティを設定します。

    • Workbook: ワークブックの名前かId に設定。利用可能なワークブックに関する情報のリストを表示する場合は、認証後にWorkbooks ビューに対してクエリを実行します。

    • UseSandbox: Sandbox アカウントのワークブックに接続している場合はtrue に設定。それ以外の場合は、これを空のままにしてプロダクションアカウントに接続します。

    OAuth 認証を使うこともできます。ユーザー資格情報の接続プロパティを設定せずに接続できます。接続すると、本製品 はデフォルトブラウザでOAuth エンドポイントを開きます。ログインして、本製品 にアクセス許可を与えます。本製品 がOAuth プロセスを完了します。 他のOAuth 認証フローについては、OAuth 認証の使用 を参照してください。

  5. Back in the Data Explorer, expand the tables for the connection.
  6. Create a new VCL Forms application and drag a table (for example: Test_xlsx_Sheet1) onto the form.

  7. Select the Test_xlsx_Sheet1Table object on the form and set the Active property to true.
  8. Right-click on the object, bind visually, and link everything (*) to a new control (TStringGrid).

  9. Arrange the TStringGrid on the form and run the application to see the Test_xlsx_Sheet1 data.

 
 
ダウンロード