DBArtisan でJDBC 経由でMicrosoft Exchange Data をデータ連携利用

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Exchange JDBC Driver

パワフルなMicrosoft Exchange 送受信機能を統合した優れたJava アプリケーションを短時間・低コストで作成して配布できます。電子メールの送受信、Exchange メッセージ、フォルダー、カレンダーなどの管理を行うことができます。



DBArtisan のウィザードを使用して、Microsoft Exchange のJDBC データソースを作成します。

CData JDBC Driver for Microsoft Exchange は、データベースとしてMicrosoft Exchange data に連携できるようにすることで、Microsoft Exchange data をDBArtisan などのデータベース管理ツールにシームレスに連携します。ここでは、DBArtisan でMicrosoft Exchange のJDBC ソースを作成する方法を説明します。データを直観的に標準SQL で実行できます。

Microsoft Exchange Data をDBArtisan Projects に連携

以下のステップに従って、Microsoft Exchange をプロジェクトのデータベースインスタンスとして登録します。

  1. DBArtisan で、[Data Source]->[Register Datasource]とクリックします。
  2. [Generic JDBC]を選択します。
  3. [Manage]をクリックします。
  4. 表示されるダイアログで、[New]をクリックします。ドライバーの名前を入力し、[Add]をクリックします。次に、ドライバーJAR に移動します。ドライバーJAR は、インストールディレクトリのlib サブフォルダにあります。
  5. Connection URL ボックスで、JDBC URLに資格情報とその他の必要な接続プロパティを入力します。

    Exchange への接続には、User およびPassword を指定します。さらに、接続するExchange サーバーのアドレスとサーバーに関連付けられたプラットフォームを指定します。

    ビルトイン接続文字列デザイナー

    JDBC URL の構成については、Microsoft Exchange JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナーを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

    java -jar cdata.jdbc.exchange.jar

    接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

    下は一般的な接続文字列です。

    jdbc:exchange:User='myUser@mydomain.onmicrosoft.com';Password='myPassword';Server='https://outlook.office365.com/EWS/Exchange.asmx';Platform='Exchange_Online';
  6. ウィザードを終了して、Microsoft Exchange に接続します。Microsoft Exchange エンティティは、[Datasource Explorer]に表示されます。

ほかのデータベースを使うのと同じように、Microsoft Exchange を使うことができます。 Microsoft Exchange API にサポートされているクエリについてのより詳しい情報は、ドライバーのヘルプドキュメントを参照してください。