今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for Exchange を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Tomcat Connection Pool にCData JDBC Driver for Microsoft Exchange を設定してデータ連携

Tomcat Connection Pool からMicrosoft Exchange に連携接続。



CData JDBC Drivers は標準JDBC インターフェースをサポートし、JVM 上で実行されるWeb アプリケーションに統合します。この記事では、Tomcat のConnection Pool からMicrosoft Exchange に接続する方法について詳しく説明します。

Tomcat のConnection Pool 経由でMicrosoft Exchange データに接続

  1. CData JAR およびCData .lic ファイルを$CATALINA_HOME/lib にコピーします。CData JAR はインストールディレクトリの[lib]サブフォルダ内にあります。
  2. コンテキストにリソースの定義を追加します:

    Specify the User and Password to connect to Exchange. Additionally, specify the address of the Exchange server you are connecting to and the Platform associated with the server.

    <Resource name="jdbc/exchange" auth="Container" type="javax.sql.DataSource" driverClassName="cdata.jdbc.exchange.ExchangeDriver" factory="org.apache.tomcat.jdbc.pool.DataSourceFactory" url="jdbc:exchange:User='myUser@mydomain.onmicrosoft.com';Password='myPassword';Server='https://outlook.office365.com/EWS/Exchange.asmx';Platform='Exchange_Online';" maxActive="20" maxIdle="10" maxWait="-1" />

    一つのアプリケーションからMicrosoft Exchange へのアクセスを許可するには、上のコードをアプリケーションのMETA-INF ディレクトリにあるcontext.xml に追加します。

    共有リソースの設定には、上のコードを$CATALINA_BASE/conf 内にあるcontext.xml に追加します。共有リソースの設定は、すべてのアプリケーションにSalesforce への接続を提供します。

  3. アプリケーションのweb.xml にリソースへの参照を追加します。 Microsoft Exchange data JSP jdbc/Exchange javax.sql.DataSource コンテナ
  4. Connection pool からの接続の初期化: Context initContext = new InitialContext(); Context envContext = (Context)initContext.lookup("java:/comp/env"); DataSource ds = (DataSource)envContext.lookup("jdbc/Exchange"); Connection conn = ds.getConnection();

そのほかのTomcat へのデータ連携ドライバーの統合

上記の手順では、簡単なコネクションプーリングのシナリオでMicrosoft Exchange に接続する方法を説明しました。ほかの使用例や情報については、 Tomcat 製品ドキュメントの 「JNDI Datasource How-To」をご覧ください。

 
 
ダウンロード