DBArtisan でMicrosoft Exchange データに連携

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Exchange ODBC Driver

Microsoft Exchange ODBC ドライバーは、ODBC 接続をサポートする任意のアプリケーションからリアルタイムなMicrosoft Exchange データに直接接続できるパワフルなツールです。標準のODBC ドライバーインタフェースを使用して、データベースのようにExchange メッセージ、フォルダー、カレンダーなどにアクセスし、電子メールの読み出し、書き込み、および送信を実行できます。



DBArtisan のウィザードを使って、Microsoft Exchange をデータソースとして連携利用。

CData ODBC Driver for Microsoft Exchange は、DBArtisan などのデータベースツールとMicrosoft Exchange data を連携し、RDB のような感覚でMicrosoft Exchange データを扱えます。 本記事では、DBArtisan 上でMicrosoft Exchange データソースを作成する方法とクエリの実行方法を説明します。

DBArtisan Project にMicrosoft Exchange Data を連携する

ODBC Driver をインストールして、ODBC DSN 設定を行います。インストール後にDSN 設定画面が開くので、Microsoft Exchange への接続に必要なプロパティを設定します。

Exchange への接続には、User およびPassword を指定します。さらに、接続するExchange サーバーのアドレスとサーバーに関連付けられたプラットフォームを指定します。

次の方法で、プロジェクトにMicrosoft Exchange データソースを登録します。

  1. DBArtisan で「Data Source」->「Register Datasource」と進みます。
  2. 「Generic ODBC」を選択。
  3. データソース名を入力して、DSN を選択します。Enter a name for the data source and select the DSN.
  4. ウィザードを終了してMicrosoft Exchange への接続を完了します。Microsoft Exchange のエンティティが Datasource Explorer に表示されているはずです。

これで、他のデータベースと同じようにMicrosoft Exchange データを扱うことが可能になります。 サポートされるSQL クエリは、ドライバーのヘルプドキュメントを参照してください。