今すぐお試しください!

製品の詳細CData ODBC Driver for Exchange を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Exploratory でMicrosoft Exchange データを連携する方法

ODBC 接続でExploratory からMicrosoft Exchange データにSQL でクエリ

CData ODBC Driver for Microsoft Exchange は、ODBC 経由でリアルタイムMicrosoft Exchange Data に標準SQL での利用を可能にします。 ここでは、汎用ODBC データプロバイダーとしてMicrosoft Exchange に接続し、データアナリティクスツールのExploratory (https://exploratory.io/) からMicrosoft Exchange データを連携利用する手順を説明します。
Exploratory は、多くのRDB やRedshift、BigQuery などのクラウドデータストアに対応していますが、SaaS データを分析したい場合にはCData ODBC Drivers を使うことで、API コーディング不要でデータを活用できます。今回はMicrosoft Exchange を例に説明します。


※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

Microsoft Exchange Data に接続するODBC DSN を設定

ODBC Driver for Microsoft Exchange をダウンロードします。次にマシンにMicrosoft Exchange data に接続するODBC DSN を設定します。Exploratory からはそのODBC DSN を参照する形になります。ODBC DSN 設定の詳細については、ドキュメントを参照してください。

Exchange への接続には、User およびPassword を指定します。さらに、接続するExchange サーバーのアドレスとサーバーに関連付けられたプラットフォームを指定します。

Exploratory 上でMicrosoft Exchange のデータをセット

  • Exploratory で[コネクション]をクリックして新しいコネクションを作成します。
  • [追加]→[ODBC]の順にクリック。
  • コネクション追加画面で先ほど設定したMicrosoft Exchange ODBC のDSN を設定します。
    名前:任意
    タイプ:ODBC
    DSN:上の設定したDSN 名(CData Microsoft Exchange Sys)
  • コネクションテストを下の地、[追加]を押して接続を確定させます。

Exploratory でMicrosoft Exchange データをクエリし、データフレームとして保存

さあ、Exploratory からMicrosoft Exchange データを扱ってみましょう。

  • Exploratory でプロジェクトを[新規作成]します。
  • [データフレーム]の[+]印をクリックし、[データベースデータ]を選択します。
  • データベースは[ODBC]をクリック。
  • [コネクション]で先ほど設定したMicrosoft Exchange のコネクションを選択します。
  • RDB ソースの感覚でSELECT クエリでMicrosoft Exchange データをクエリします。標準SQL でフィルタリング、ソート、JOIN も可能です。
  • データセットをデータフレームとして保存します。

Exploratory でのMicrosoft Exchange データの分析

データフレームになったデータは通常のRDB データソースと同じようにExploratory で利用可能です。

このように、Exploratory から簡単にMicrosoft Exchange データを接続して利用することができました。ODBC Driver には30日間の無償版がありますので、是非お試しください。

 
 
ダウンロード