製品をチェック

CData Connect Cloud の詳細情報はこちら。無償トライアルはこちら:

  無償トライアル

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

Azure Analysis Services を使ってFacebook Ads データをモデル化


CData Connect Cloud を使ってAzure Analysis Services からFacebook Ads に接続し、リアルタイムFacebook Ads データをインポートします。


古川えりか
コンテンツスペシャリスト

facebookads ロゴ画像

Connect Cloud

cloud ロゴ画像
Azure Analysis Services ロゴ画像

Azure Analysis Services(AAS)は、エンタープライズレベルのデータモデルをクラウド上で提供する、フルマネージドのPlatform as a Service(PaaS)です。 CData Connect Cloud と連携すると、AAS はアプリケーションにFacebook Ads データへのクラウドベースのアクセスを即座に追加できます。 この記事では、Connect Cloud を使ってFacebook Ads に接続し、AAS の拡張機能を有効にしたVisual Studio でFacebook Ads データをインポートする方法を紹介します。

CData Connect Cloud は、Facebook Ads にクラウドベースのインターフェースを提供し、ネイティブにサポートされているデータベースにデータを複製することなくAzure Analysis Services でのFacebook Ads データのモデル化を実現します。 ビジネスレポートやクライアントアプリケーション用にエンタープライズレベルのセマンティックデータモデルを構築すると、Azure Analysis Services はデータを収集するためのSQL クエリを生成します。 さらにCData Connect Cloud は、最適化されたデータ処理により、サポートされているすべてのSQL 操作(フィルタ、JOIN など)をFacebook Ads に直接プッシュし、リクエストされたFacebook Ads データをサーバー側の処理を利用して高速で返します。

Connect Cloud からFacebook Ads への接続

CData Connect Cloud を使うと、直感的なクリック操作ベースのインターフェースを使ってデータソースに接続できます。

  1. Connect Cloud にログインし、 Add Connection をクリックします。
  2. コネクションを追加
  3. Add Connection パネルで「Facebook Ads」を選択します。
  4. データソースを選択
  5. Facebook Ads は認証にOAuth を使用します。「サインイン」をクリックしてFacebook Ads で認証します。
  6. Add Facebook Ads Connection ページのPermissions タブに移動し、ユーザーベースのアクセス許可を更新します。 アクセス許可の更新

パーソナルアクセストークンの取得

OAuth 認証をサポートしていないサービス、アプリケーション、プラットフォーム、またはフレームワークから接続する場合は、認証に使用するパーソナルアクセストークン(PAT)を作成できます。 きめ細かなアクセス管理を行うために、サービスごとに個別のPAT を作成するのがベストプラクティスです。

  1. Connect Cloud アプリの右上にあるユーザー名をクリックし、User Profile をクリックします。
  2. User Profile ページでPersonal Access Token セクションにスクロールし、 Create PAT をクリックします。
  3. PAT の名前を入力して Create をクリックします。
  4. 新しいPAT を作成
  5. パーソナルアクセストークンは作成時にしか表示されないため、必ずコピーして安全に保存してください。

接続の設定が完了したら、Azure Analysis Services を使用してVisual Studio からFacebook Ads データに接続できるようになります。

AAS を使ってVisual Studio からFacebook Ads に接続

以下のステップでは、Azure Analysis Services からCData Connect Cloud に接続して新しいFacebook Ads データソースを作成する方法を説明します。 続けるには、Microsoft Analysis Services Project Extension のインストールが必要です。

  1. Visual Studio で新しいプロジェクトを作成します。Analysis Services Tabular Project を選択します。
  2. Analysis Services Tabular Project を選択
  3. Configure your new project ダイアログで、Project name フィールドにプロジェクト名を入力します。 残りの項目も入力します。
  4. 新規プロジェクトを設定
  5. Create をクリックします。Tabular model designer ダイアログボックスが開きます。Workspace server を選択し、Azure Analysis Services サーバーのアドレス(例:asazure://eastus.azure.windows.net/myAzureServer)を入力します。 Test Connection をクリックし、サーバーにサインインします。
  6. AAS サーバーを追加
  7. OK をクリックしてプロジェクトを作成します。Visual Studio ウィンドウは、以下のスクリーンショットのようになります。
  8. プロジェクトを作成
  9. Visual Studio のTabular model Explorer で、Data Sources を右クリックしてImport From Data Source を選択します。
  10. プロジェクトを作成
  11. Table Import Wizard で、SQL Server データベースを選択してConnect をクリックします。Server フィールドに、仮想SQL Server のエンドポイントとポートをカンマで区切って入力します(例:tds.cdata.com,14333)。
  12. SQL Server Authentication をクリックして、次の情報を入力します。
    • User name:CData Connect Cloud のユーザー名を入力します。ユーザー名はCData Connect Cloud のインターフェースの右上に表示されています(例:test@cdata.com)。
    • Password:Settings ページで生成したPAT を入力します。
    Test Connection をクリックします。接続テストに成功したら、Database name リストから目的のリストを選択し、Next をクリックします。
  13. プロジェクトを作成
  14. 次の画面で、Current User を選択してNext をクリックします。
  15. ユーザーを選択
  16. ここでは、最初のオプションを選択してNext をクリックします。
  17. インポートデータを選択
  18. 次の画面で、リストからテーブルを選択してPreview & Filter をクリックします。
  19. テーブルをプレビュー
  20. テーブルにFacebook Ads からデータが入力されたことを確認できます。
  21. プロジェクトを作成

Facebook Ads データをデータモデルにインポートできたので、Azure Analysis Services にプロジェクトをデプロイしてビジネスレポートやクライアントアプリケーションなどに利用する準備が整いました。

CData Connect Cloud の入手

CData Connect Cloud の30日間無償トライアルを利用して、クラウドアプリケーションから直接100を超えるSaaS、ビッグデータ、NoSQL データソースへのSQL アクセスをお試しください!