Google Data Studio(Data Portal) からFedEx データに連携してレポートを作成

詳細情報をご希望ですか?

製品について詳細情報や無償トライアルをご案内します:

API Server



CData Connect Cloud を使ってFedEx の仮想MySQL データベースを作成して、Google Data Studio(Data Portal)でFedEx データを使ったカスタムレポートを作成します。

Google Data Studio は、大変使いやすいビジュアライゼーションとレポーティングが可能なサービスです。Google Data Studio とCData Connect Cloud を一緒に使うことで、簡単にFedEx データに連携するレポートを作成することができます。この記事では、Google Data Studio とConnect Cloud でFedEx に連携するシンプルなレポートを作成する方法を説明します。

CData Connect Cloud は、FedEx データのクラウドto クラウドのインターフェースを提供し、Google Data Studio からリアルタイムFedEx データに連携することができます。ビジュアライズを作成すると、Google Data Studio がクエリを自動的に発行してリアルタイムデータを取得します。CData Connect Cloud がクエリ(フィルタリングやJOIN も可能)をパースしてFedEx に送り、Google Data Studio にFedEx からのデータを返します。インテリジェントなサーバーサイドプロセスで、多様なクエリをパフォーマンス良く利用できます。

この設定には、CData Connect Cloud インスタンスおよびCData Connect Cloud Connector for Google Data Studioが必要です。是非、https://www.cdata.com/jp/connect からCData Connect Cloud のトライアルと詳細情報をご覧ください。


CData Connect Cloud からFedEx に接続

CData Connect Cloud は、直観的なPoint-and-click インターフェースでデータソースへの接続およびAPI エンドポイント作成を行います。

  1. Connect Cloud にログインして、Databases をクリックします。
  2. 利用できるデータソースアイコンから"FedEx" を選択します。
  3. FedEx に接続するために必要なプロパティを入力します。

    FedEx サービスでのアクションを認証するためには以下の5つの情報が必要です。

    • Server:リクエストを送信するURL を制御します。一般的なテストオプションは次のとおりです:"https://gatewaybeta.fedex.com:443/xml"、"https://wsbeta.fedex.com:443/xml"、"https://gatewaybeta.fedex.com:443/web-service"、および"https://wsbeta.fedex.com:443/web-service"
    • DeveloperKey:荷送人のID の認証キーの識別子部分。この値は、登録後にFedEx から提供されます。
    • Password:荷送人のID の認証キーのシークレット部分。この値は、登録後にFedEx から提供されます。
    • AccountNumber:この有効な9桁のFedEx アカウント番号は、FedEx サーバーへのログインに使用されます。
    • MeterNumber:この値はFedEx にリクエストを送信するために使用されます。この値は、登録後にFedEx から提供されます。
    • PrintLabelLocation:このプロパティはGenerateLabels またはGenerateReturnLabels ストアドプロシージャを使用するために必要です。これは、生成されたラベルを格納するフォルダの場所に設定する必要があります。

    キャッシュデータベース

    FedEx から利用できる便利なタスクの多くは、大量のデータを必要とします。データを簡単に入力して後で呼び出すことができるように、キャッシュデータベースを活用してこれらのリクエストを行います。キャッシュ接続プロパティを設定する必要があります。

    • CacheProvider: The specific database you are using to cache with. For example, org.sqlite.JDBC.
    • CacheConnection: The connection string to be passed to the cache provider. For example, jdbc:sqlite:C:/users/username/documents/fedexcache.db
  4. Test Database をクリックします。
  5. Privileges -> Add をクリックして、新しいユーザーを追加し、適切な権限を指定します。

これで、FedEx の仮想データベースが作成でき、Google Data Studio からの連携が可能になりました。

Google Data Studio からリアルタイムFedEx データにアクセスしてビジュアライズを作成

以下の手順で、Google Data Studio でCData Connect Cloud を使って、FedEx データのビジュアライゼーションを作成します。

  1. Google Data Studio にログインして、データソース、新しいデータソースとクリックし、CData Connect Cloud Connector を選択します。
  2. Connector に権限を許可します。
  3. (myinstancemyinstance.cdatacloud.net)、username、password を入力してCData Connect にアクセスします。
    • Username: myinstance/username
    • Password: your Connect Cloud password
  4. Database (e.g. FedEx1) を選択して、Next をクリックします。
  5. Table (e.g. Senders) を選択します。
  6. Connect をクリックします。
  7. 必要があれば、カラムを変更できます。Create Report をクリックして、データを取得します。
  8. あとは通常のRDB などのデータと同じようにスタイルを選択してビジュアライズを作成します。
  9. Dimensions およびMeasures を選択していきます。

Optional:MySQL Connector への接続

もしカスタムSQL クエリを使いたい場合には、MySQL Connector を使うことで実現が可能です。Server アドレス、ポート、ユーザー名、パスワードのサーバー情報を使ってCData Connect Cloud に接続します。

クラウドアプリケーションからFedEx データにSQL アクセスを実現

このようにGoogle Data Studio からFedEx データにクラウドto クラウドでの連携ができました。CData Connect では、他にも多くのデータソースに対応しています。

クラウドアプリケーションから240+ SaaS、BigData、NoSQL にSQL でデータ連携するには、CData Connect Cloud を是非お試しください。