Tomcat Connection Pool にCData JDBC Driver for FedEx を設定してデータ連携

詳細情報をご希望ですか?

製品の詳細情報:

FedEx 連携ソリューション


Tomcat Connection Pool からFedEx に連携接続。



CData JDBC Drivers は標準JDBC インターフェースをサポートし、JVM 上で実行されるWeb アプリケーションに統合します。この記事では、Tomcat のConnection Pool からFedEx に接続する方法について詳しく説明します。

Tomcat のConnection Pool 経由でFedEx データに接続

  1. CData JAR およびCData .lic ファイルを$CATALINA_HOME/lib にコピーします。CData JAR はインストールディレクトリの[lib]サブフォルダ内にあります。
  2. コンテキストにリソースの定義を追加します:

    FedEx サービスでのアクションを認証するためには以下の5つの情報が必要です。

    • Server:リクエストを送信するURL を制御します。一般的なテストオプションは次のとおりです:"https://gatewaybeta.fedex.com:443/xml"、"https://wsbeta.fedex.com:443/xml"、"https://gatewaybeta.fedex.com:443/web-service"、および"https://wsbeta.fedex.com:443/web-service"
    • DeveloperKey:荷送人のID の認証キーの識別子部分。この値は、登録後にFedEx から提供されます。
    • Password:荷送人のID の認証キーのシークレット部分。この値は、登録後にFedEx から提供されます。
    • AccountNumber:この有効な9桁のFedEx アカウント番号は、FedEx サーバーへのログインに使用されます。
    • MeterNumber:この値はFedEx にリクエストを送信するために使用されます。この値は、登録後にFedEx から提供されます。
    • PrintLabelLocation:このプロパティはGenerateLabels またはGenerateReturnLabels ストアドプロシージャを使用するために必要です。これは、生成されたラベルを格納するフォルダの場所に設定する必要があります。

    キャッシュデータベース

    FedEx から利用できる便利なタスクの多くは、大量のデータを必要とします。データを簡単に入力して後で呼び出すことができるように、キャッシュデータベースを活用してこれらのリクエストを行います。キャッシュ接続プロパティを設定する必要があります。

    • CacheProvider: The specific database you are using to cache with. For example, org.sqlite.JDBC.
    • CacheConnection: The connection string to be passed to the cache provider. For example, jdbc:sqlite:C:/users/username/documents/fedexcache.db
    <Resource name="jdbc/fedex" auth="Container" type="javax.sql.DataSource" driverClassName="cdata.jdbc.fedex.FedExDriver" factory="org.apache.tomcat.jdbc.pool.DataSourceFactory" url="jdbc:fedex:Server='https://gatewaybeta.fedex.com:443/xml';DeveloperKey='alsdkfjpqoewiru';Password='zxczxqqtyiuowkdlkn';AccountNumber='110371337';MeterNumber='240134349'; PrintLabelLocation='C:/users/username/documents/mylabels';CacheProvider='org.sqlite.JDBC';CacheConnection='jdbc:sqlite:C:/users/username/documents/fedexcache.db';" maxActive="20" maxIdle="10" maxWait="-1" />

    一つのアプリケーションからFedEx へのアクセスを許可するには、上のコードをアプリケーションのMETA-INF ディレクトリにあるcontext.xml に追加します。

    共有リソースの設定には、上のコードを$CATALINA_BASE/conf 内にあるcontext.xml に追加します。共有リソースの設定は、すべてのアプリケーションにSalesforce への接続を提供します。

  3. アプリケーションのweb.xml にリソースへの参照を追加します。 FedEx data JSP jdbc/FedEx javax.sql.DataSource コンテナ
  4. Connection pool からの接続の初期化: Context initContext = new InitialContext(); Context envContext = (Context)initContext.lookup("java:/comp/env"); DataSource ds = (DataSource)envContext.lookup("jdbc/FedEx"); Connection conn = ds.getConnection();

そのほかのTomcat へのデータ連携ドライバーの統合

上記の手順では、簡単なコネクションプーリングのシナリオでFedEx に接続する方法を説明しました。ほかの使用例や情報については、 Tomcat 製品ドキュメントの 「JNDI Datasource How-To」をご覧ください。