MySQL Workbench でFinancialForce データをクエリ

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

FinancialForce ODBC Driver

FinancialForce ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからFinancialForce にデータ連携。

FinancialForce データにデータベースと同感覚でアクセスして、FinancialForce のInvoices、Expenses、Accounts など多様なデータに使い慣れたODBC インターフェースで双方向連携。



MySQL Workbench からライブFinancialForce データにMySQL クエリを実行します。

ODBC Driver for FinancialForce からSQL Gateway を使用し、MySQL インターフェースを介してFinancialForce にクエリを実行できます。以下のステップに従って、SQL Gateway のMySQL リモーティングサービスを開始し、MySQL Workbench でライブFinancialForce を操作します。

FinancialForce データへの接続

未指定の場合は、データソース名(DSN)で必要な接続プロパティの値を指定します。DSN を構成するために、ビルトインのMicrosoft ODBC Data Source Administrator を使用できます。ドライバーのインストールの最後にアドミニストレーターが開きます。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターでDSN を作成及び設定する方法については、ヘルプドキュメントの[はじめに]チャプターを参照してください。

There are several authentication methods available for connecting to FinancialForce: login credentials, SSO, and OAuth.

Authenticating with a Login and Token

Set the User and Password to your login credentials. Additionally, set the SecurityToken. By default, the SecurityToken is required, but you can make it optional by allowing a range of trusted IP addresses.

To disable the security token:

  1. Log in to FinancialForce and enter "Network Access" in the Quick Find box in the setup section.
  2. Add your IP address to the list of trusted IP addresses.

To obtain the security token:

  1. Open the personal information page on FinancialForce.com.
  2. Click the link to reset your security token. The token will be emailed to you.
  3. Specify the security token in the SecurityToken connection property or append it to the Password.

Authenticating with OAuth

If you do not have access to the user name and password or do not want to require them, use the OAuth user consent flow. See the OAuth section in the Help for an authentication guide.

Connecting to FinancialForce Sandbox Accounts

Set UseSandbox to true (false by default) to use a FinancialForce sandbox account. Ensure that you specify a sandbox user name in User.

SQL Gateway を構成する

FinancialForce への接続を仮想MySQL データベースとして設定するには、SQL Gateway Overview を参照してください。クライアントからのMySQL 要求を受けるMySQL リモートサービスを構成します。このサービスは、SQL Gateway UI で構成できます。

MySQL Workbench からFinancialForce をクエリ

以下のステップでは、MySQL Workbench からSQL Gateway で作成された仮想FinancialForce データベースに接続し、ライブFinancialForce データを操作するための基本的なクエリを発行する方法を説明します。

SQL Gateway を介してFinancialForce に接続

  1. MySQL Workbench で、[add a new MySQL connection]をクリックします。
  2. 接続(CData SQL Gateway for FinancialForce)に名前を付けます。
  3. HostnamePortUsername のパラメータを設定し、SQL Gateway に接続します。
  4. Store in Vault をクリックしてパスワードを設定し、保存します。
  5. Test Connection をクリックして接続が正しく構成されていることを確認し、OK をクリックします。

FinancialForce データをクエリ

  1. 作成した接続(CData SQL Gateway for FinancialForce)を開きます。
  2. [File]->[New Query Tab]と進みます。
  3. SELECT * FROM `CData FinancialForce Sys`.Account; のようなFinancialForce データを取得するSQL クエリを記述します。

MySQL Workbench からライブFinancialForce データにアクセスすることで、MySQL データベースと同じようにFinancialForce をクエリおよび更新できます。CData ODBC Driver for FinancialForce とCData SQL Gateway の30日間無料トライアルはこちらです。