DBArtisan でJDBC 経由でFTP Data をデータ連携利用

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

FTP JDBC Driver

Java ベースアプリケーションおよび帳票ツールのデータベースライクな使いやすいインターフェースで、リモートファイルやディレクトリにアクセス。



DBArtisan のウィザードを使用して、FTP のJDBC データソースを作成します。

CData JDBC Driver for FTP は、データベースとしてFTP data に連携できるようにすることで、FTP data をDBArtisan などのデータベース管理ツールにシームレスに連携します。ここでは、DBArtisan でFTP のJDBC ソースを作成する方法を説明します。データを直観的に標準SQL で実行できます。

FTP Data をDBArtisan Projects に連携

以下のステップに従って、FTP をプロジェクトのデータベースインスタンスとして登録します。

  1. DBArtisan で、[Data Source]->[Register Datasource]とクリックします。
  2. [Generic JDBC]を選択します。
  3. [Manage]をクリックします。
  4. 表示されるダイアログで、[New]をクリックします。ドライバーの名前を入力し、[Add]をクリックします。次に、ドライバーJAR に移動します。ドライバーJAR は、インストールディレクトリのlib サブフォルダにあります。
  5. Connection URL ボックスで、JDBC URLに資格情報とその他の必要な接続プロパティを入力します。

    FTP は、プレーンテキスト接続およびSSL/TLS 接続の両方をサポートします。FTP サーバーに接続するには、RemoteHost、User、およびPassword を指定します。SSLMode およびSSLServerCert を設定して、TSL/SSL による接続をセキュアにします。TLS/SSL を介した接続の設定について詳しくは、ヘルプドキュメントの「高度な設定」を参照してください。

    次の接続プロパティを設定し、ファイルシステムのリレーショナルビューをコントロールします。

    • RemotePath:現在の作業ディレクトリに設定。
    • TableDepth:ビューとしてレポートするサブフォルダの深度を制御するために設定。
    • FileRetrievalDepth:ファイルを再帰的に取得し、Root テーブルにリストするために設定。

    ストアドプロシージャ は、ファイル、のダウンロード、アップロード、およびプロトコルコマンドの送信に利用できます。 SQL を使用してサーバーと対話する方法の詳細については、ヘルプドキュメントの「データモデル」を参照してください。

    ビルトイン接続文字列デザイナー

    JDBC URL の構成については、FTP JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナーを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

    java -jar cdata.jdbc.ftp.jar

    接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

    下は一般的な接続文字列です。

    jdbc:ftp:RemoteHost=MyFTPServer;
  6. ウィザードを終了して、FTP に接続します。FTP エンティティは、[Datasource Explorer]に表示されます。

ほかのデータベースを使うのと同じように、FTP を使うことができます。 FTP API にサポートされているクエリについてのより詳しい情報は、ドライバーのヘルプドキュメントを参照してください。