製品情報をご覧ください

製品情報や無償評価版を製品ページにてご確認いただけます。

製品ページへ

Gmail データをDevExpress Data Grid にデータバインドする。

Gmail 用の CData ADO.NET プロバイダーをDevExpress Windows Forms とWeb コントロールとともに使用し、Gmail をチャートに入力します。

Gmail 用の CData ADO.NET プロバイダーはサードパーティーコントコントロールで使うことのできる通常のADO.NET データベースアクセスコンポーネントを実装しています。データバインドするための通常のADO.NET プロセスに従うことで、UI コントロールから実データへの双方向アクセスを可能にします。 この記事では、CData を使ってDevExpress Windows Forms とウェブコントロールにデータバインドする方法を説明します。ここでは、最新のデータを表示するチャートにデータバインドします。

Gmail に接続する方法は2つあります。ログインクレデンシャルかOAuth のいずれかを選択する前に、まずGmail のアカウント設定でIMAP アクセスを有効にしてください。詳しくは、ヘルプドキュメントの「はじめに」-「Gmail への接続」を参照してください。

Authentication セクションのUser とPassword プロパティに、有効なGmail ユーザー資格情報を設定します。

あるいは、Password を指定する代わりに、OAuth 認証標準を使います。 個々のユーザーに代わってGoogle API にアクセスするには、埋め込みクレデンシャルを使用するか、独自のOAuth アプリを登録することができます。

また、OAuth を利用することで、Google Apps ドメイン内のユーザーに代わってサービスアカウントを使用して接続することができます。サービスアカウントで認証するには、アプリケーションを登録してOAuth JWT 値を取得する必要があります。

OAuth 値に加え、User を指定する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

Windows Forms コントロール

下のコードでは、Gmail でDevExpress のチャートに追加する方法を説明します。GmailDataAdapter はチャートコントロールのSeries プロパティにバインドします。コントロールのDiagram プロパティはx 軸とy 軸をカラム名として定義します。

using (GmailConnection connection = new GmailConnection( "User=username;Password=password;")) { GmailDataAdapter dataAdapter = new GmailDataAdapter( "SELECT Subject, Size FROM Inbox", connection); DataTable table = new DataTable(); dataAdapter.Fill(table); DevExpress.XtraCharts.Series series = new DevExpress.XtraCharts.Series(); chartControl1.Series.Add(series); DataTable table = new DataTable(); series.ValueDataMembers.AddRange(new string[] { "Size" }); series.ArgumentScaleType = DevExpress.XtraCharts.ScaleType.Qualitative; series.ArgumentDataMember = "Subject"; series.ValueScaleType = DevExpress.XtraCharts.ScaleType.Numerical; chartControl1.Legend.Visibility = DevExpress.Utils.DefaultBoolean.False; ((DevExpress.XtraCharts.SideBySideBarSeriesView)series.View).ColorEach = true; }

Web コントロール

下のコードではGmail でDevExpress Web を操作するための設定方法を説明します。GmailDataAdapter はチャートのSeries プロパティにバインドします。Diagram プロパティはx 軸とy 軸をカラム名として定義します。 using DevExpress.XtraCharts; using (GmailConnection connection = new GmailConnection( "User=username;Password=password;")) { GmailDataAdapter GmailDataAdapter1 = new GmailDataAdapter("SELECT Subject, Size FROM Inbox", connection); DataTable table = new DataTable(); GmailDataAdapter1.Fill(table); DevExpress.XtraCharts.Series series = new Series("Series1", ViewType.Bar); WebChartControl1.Series.Add(series); DataTable table = new DataTable(); series.ValueDataMembers.AddRange(new string[] { "Size" }); series.ArgumentScaleType = ScaleType.Qualitative; series.ArgumentDataMember = "Subject"; series.ValueScaleType = ScaleType.Numerical; ((DevExpress.XtraCharts.SideBySideBarSeriesView)series.View).ColorEach = true; }

 
 
ダウンロード