MicroStrategy Web でCData JDBC Driver for Gmail を使用

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Gmail JDBC Driver

パワフルなGmail 送受信機能を統合した優れたJava アプリケーションを短時間・低コストで作成して配布できます。電子メールの送受信、Gmail フォルダー / メッセージの管理などを行うことができます。



CData JDBC Driver for Gmail を使用してMicroStrategy Web からGmail データに接続。

MicroStrategy は、データドリブンイノベーションを可能にする分析およびモバイルプラットフォームです。MicroStrategy とCData JDBC Driver for Gmail を組み合わせると、MicroStrategy からデータベースと同じようにライブGmail データにアクセスできるようになり、レポート機能と分析機能が拡張されます。この記事では、MicroStrategy Web の外部データソースとしてGmail を追加し、Gmail データの簡単なビジュアライゼーションを作成する方法について説明します。

CData JDBC ドライバーは、ドライバーに組み込まれている最適化されたデータ処理により、MicroStrategy でライブGmail データとやり取りするための比類のないパフォーマンスを提供します。MicroStrategy からGmail に複雑なSQL クエリを発行すると、ドライバーはフィルタや集計などのサポートされているSQL 操作をGmail に直接プッシュし、組み込まれたSQL エンジンを利用してサポートされていない操作(主にSQL 関数とJOIN 操作)をクライアント側で処理します。ビルトインの動的メタデータクエリを使用すると、ネイティブのMicroStrategy データタイプを使用してGmail データをビジュアライズおよび分析できます。

MicroStrategy Web を使用してGmail データに接続し、ビジュアライズする

CData JDBC Driver for Gmail を使用したデータソースを追加することにより、MicroStrategy Web のGmail に接続できます。*始める前に、MicroStrategy Web のインスタンスが接続されているMicroStrategy Intelligence Server をホストするマシンにJDBC Driver for Gmail をインストールする必要があります。データソースを作成したら、MicroStrategy Web でGmail データの動的なビジュアライゼーションを構築できます。

  1. MicroStrategy Web を開き、プロジェクトを選択します。
  2. [Add External Data]をクリックし、[Databases]を選択して[Import Option]として[Select Tables]を使用します。
  3. [Import from Tables]ウィザードでクリックして新しいデータソースを追加します。
  4. [Database]メニューで[Generic]を選択し、[Version]メニューで[Generic DBMS]を選択します。
  5. リンクをクリックして接続文字列を表示し、接続文字列を編集するオプションを選択します。「Driver」メニューで、「MicroStrategy Cassandra ODBC Driver」を選択します。(MicroStrategy では、JDBC を介してインターフェースするために認定ドライバーが必要なだけで、実際のドライバーは使用されません。
  6. 接続文字列を次のように設定します。 JDBC;MSTR_JDBC_JAR_FOLDER=PATH\TO\JAR\;DRIVER=cdata.jdbc.gmail.GmailDriver;URL={jdbc:gmail:User=username;Password=password;};

    Gmail に接続する方法は2つあります。ログインクレデンシャルかOAuth のいずれかを選択する前に、まずGmail のアカウント設定でIMAP アクセスを有効にしてください。詳しくは、ヘルプドキュメントの「はじめに」-「Gmail への接続」を参照してください。

    Authentication セクションのUser とPassword プロパティに、有効なGmail ユーザー資格情報を設定します。

    あるいは、Password を指定する代わりに、OAuth 認証標準を使います。 個々のユーザーに代わってGoogle API にアクセスするには、埋め込みクレデンシャルを使用するか、独自のOAuth アプリを登録することができます。

    また、OAuth を利用することで、Google Apps ドメイン内のユーザーに代わってサービスアカウントを使用して接続することができます。サービスアカウントで認証するには、アプリケーションを登録してOAuth JWT 値を取得する必要があります。

    OAuth 値に加え、User を指定する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

    組み込みの接続文字列デザイナー

    JDBC URL の構築については、Gmail JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナーを使用してください。JAR ファイルをダブルクリックするか、コマンドラインからjar ファイルを実行します。

    java -jar cdata.jdbc.gmail.jar

    接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

    JDBC URL を構成する際に、Max Rows 接続プロパティも設定できます。これにより返される行数が制限されるため、レポートやビジュアライゼーションをデザインするときのパフォーマンスを向上させることができます。

  7. 新しいデータソースで右クリックし、「Edit catalog options」を選択します。
  8. SQL Statement をSELECT * FROM SYS_SCHEMAS に編集し、JDBC Driver からメタデータを読み取ります。
  9. 新しいデータソースを選択して使用可能なテーブルを表示します。テーブルを表示するには、「Available Tables」セクションの検索アイコンを手動でクリックする必要があります。
  10. テーブルをペインにドラッグしてインポートします。 Note:ライブ接続を作成するので、テーブル全体をインポートしてMicroStrategy 製品に固有のフィルタリングおよび集計機能を利用してデータセットをカスタマイズできます。
  11. [Finish]をクリックして、ライブ接続するオプションを選択してクエリを保存し、新しいドシエを作成するオプションを選択します。CData JDBC ドライバーにネイティブな高性能データ処理を使用して、高性能なライブ接続が可能です。
  12. ビジュアライゼーションを選択して表示するフィールドを選択し、フィルタを適用してGmail データの新しいビジュアライゼーションを作成します。データ型は動的なメタデータ検出によって自動的に検出されます。可能であれば、フィルタと集計によって生成された複雑なクエリはGmail にプッシュダウンされ、サポートされていない操作(SQL 関数とJOIN 操作を含む)は、ドライバーに組み込まれたCData SQL エンジンによってクライアント側で管理されます。
  13. ドシエの構成が完了したら、[File]->[Save]とクリックします。

CData JDBC Driver for Gmail をMicroStrategy Web で使用することで、Gmail データで強固なビジュアライゼーションとレポートを簡単に作成することができます。その他の例については、MicroStrategy でGmail に接続MicroStrategy Desktop でGmail に接続をお読みください。


Note:JDBC Driver を使用して接続するには、3- または 4-Tier Architecture が必要です。