DBArtisan でGMO MakeShop データに連携

Ready to get started?

Download for a free trial:

Download Now

Learn more:

GMO MakeShop ODBC Driver

GMO MakeShop ODBC ドライバーは、ODBC 接続をサポートする任意のアプリケーションからライブなGMO MakeShop データに直接接続できる強力なツールです。標準のODBC ドライバーインタフェースを使用して、データベースのようにGMO MakeShop にアクセスし、在庫、商品、受注などの読み出し、書き込み、および更新を実行できます。



DBArtisan のウィザードを使って、GMO MakeShop をデータソースとして連携利用。

CData ODBC Driver for GMO MakeShop は、DBArtisan などのデータベースツールとGMO MakeShop data を連携し、RDB のような感覚でGMO MakeShop データを扱えます。 本記事では、DBArtisan 上でGMO MakeShop データソースを作成する方法とクエリの実行方法を説明します。

DBArtisan Project にGMO MakeShop Data を連携する

ODBC Driver をインストールして、ODBC DSN 設定を行います。インストール後にDSN 設定画面が開くので、GMO MakeShop への接続に必要なプロパティを設定します。

GMO MakeShop に接続するには、MembersAccessCode、OrdersAccessCode、ProductsAccessCode、およびShopId が必要です。

GMO MakeShop へのアクセスの設定

MembersAccessCode、OrdersAccessCode、ProductsAccessCode、およびShopId を取得するには、以下の手順に従ってください。

  • GMO MakeShop には各API のAccessCode が必要です。
  • GMO MakeShop Store Manager にログインし、メニューの[ショップ作成]をクリックします。
  • 左ナビゲーションメニューの[外部システム連携]から任意の連携対象設定ををクリックします(メニューに表示されない場合は別途GMO MakeShop にご確認ください)。
  • 商品データ連携設定の場合:認証コードの[発行]ボタンをクリックし、ProductsAccessCode を取得します。
  • 注文データ連携設定の場合:最初に[注文情報参照]と[注文情報変更]の設定を選択します。選択後、認証コードの[発行]ボタンをクリックし、OrdersAccessCode を取得します。
  • 会員データ連携設定の場合:最初に[会員情報の(参照・登録・変更・削除)]の設定を選択します。選択後、認証コードの[発行]ボタンをクリックし、MembersAccessCode を取得します。
  • 会員認証連携設定の場合:認証コードの[発行]ボタンをクリックし、ProductsAccessCode を取得します。

GMO MakeShop アカウントの認証

次の接続プロパティを設定して接続します。

  • ShopId:接続先のGMO MakeShop Store ID を設定。GMO MakeShop Store ID はログイン用の ID と同じです。
  • OrdersAccessCode:[注文データ連携設定]から取得した[認証コード]を設定。このプロパティは Orders テーブルにアクセスする場合に必要です。
  • ProductsAccessCode:[商品データ連携設定]から取得した[認証コード]を設定。このプロパティは Products テーブルにアクセスする場合に必要です。
  • MembersAccessCode:[会員データ連携設定]から取得した[認証コード]を設定。このプロパティは Members テーブルにアクセスする場合に必要です。
  • MemberAuthenticationCode:[会員認証連携設定]から取得した[認証コード]を設定。このプロパティは MemberAuthenticationConfirm を実行する場合に必要です。
  • Password:GMO MakeShop Store Manager のログインユーザーのパスワードを指定。このプロパティは ProductCategoryRegistrationOrModification,ProductMemberGroupPriceRegistrationOrModification,ProductOptionRegistrationOrModification,ProductRegistrationOrModification を実行する場合に必要です。

次の方法で、プロジェクトにGMO MakeShop データソースを登録します。

  1. DBArtisan で「Data Source」->「Register Datasource」と進みます。
  2. 「Generic ODBC」を選択。
  3. データソース名を入力して、DSN を選択します。Enter a name for the data source and select the DSN.
  4. ウィザードを終了してGMO MakeShop への接続を完了します。GMO MakeShop のエンティティが Datasource Explorer に表示されているはずです。

これで、他のデータベースと同じようにGMO MakeShop データを扱うことが可能になります。 サポートされるSQL クエリは、ドライバーのヘルプドキュメントを参照してください。