RazorSQL から データに連携。

データベース管理ツールのRazorSQL からGUI でウィザードとクエリから データに連携する。.

CData JDBC Driver for を使って、各種ツールから データにアクセスすることが可能になります。本記事では、 データにRazorSQL のウィザードから連携利用する方法を紹介します。

JDBC Data Source の設定

  1. RazorSQL アプリケーションを開いて、Connections メニューから、Add Connection Profile -> Other -> JDBC にナビゲートします。
  2. Connection Wizard で、以下を設定します:
    • Driver Location:JDBC Driver のインストールディレクトリのlib サブフォルダに設定します。
    • Driver Class: ドライバークラスを cdata.jdbc.googleapps.GoogleAppsDriver に設定します。
    • Username:ユーザー名。(ユーザー名をブランクにして、JDBC URL 内で設定することも可能です。)
    • Password:パスワード。(ユーザー名をブランクにして、JDBC URL 内で設定することも可能です。)
    • JDBC URL:接続パラメータを入力します:jdbc:googleapps: から始まるJDBC URL を入力します。接続プロパティをカンマ区切りで書きます。

      Google uses the OAuth authentication standard. To access Google APIs on behalf on individual users, you can use the embedded credentials or you can register your own OAuth app.

      OAuth also enables you to use a service account to connect on behalf of users in a Google Apps domain. To authenticate with a service account, you will need to register an application to obtain the OAuth JWT values.

      In addition to the OAuth values, to access Google data you will need the Email of the Google account. See the "Getting Started" chapter in the help documentation for a guide to using OAuth.

      一般的なURL ::

      jdbc:googleapps:OAuthClientId=MyOAuthClientId;OAuthClientSecret=MyOAuthClientSecret;CallbackURL=http://localhost;Email=myemail@gmail.com;
  3. Google uses the OAuth authentication standard. To access Google APIs on behalf on individual users, you can use the embedded credentials or you can register your own OAuth app.

    OAuth also enables you to use a service account to connect on behalf of users in a Google Apps domain. To authenticate with a service account, you will need to register an application to obtain the OAuth JWT values.

    In addition to the OAuth values, to access Google data you will need the Email of the Google account. See the "Getting Started" chapter in the help documentation for a guide to using OAuth.

からテーブルを選択してクエリを実行

接続を確立後、Wizard が閉じ、接続はコネクションパネルで接続が利用可能になります。テーブルをクエリしてみます。

 
 
ダウンロード