Spotfire Server から Data Operational レポーティングを作成

Create and share Spotfire data visualizations を使って、リモート data にリアルタイム接続のdata visualization を作成して共有。



CData JDBC Driver for をJava reporting server にドロップイン インストールすると、エンタープライズな帳票ソリューションから data へのリアルタイムなアクセスが可能になります。この記事では、データソーステンプレートを使ってSpotfire ライブラリを拡張しリモート data を含めます。そうすると、 data へのあらゆる変更を反映するリアルタイムビジュアライゼーションの作成および共有ができます。

JDBC データソースとして に接続

CData JDBC Driver for をSpotfire Server にインストールするには、driver JAR をクラスパスにドロップして、ここではデータソーステンプレートを使います。

  1. ドライバーをSpotfire Server のクラスパスに追加するには、インストールフォルダの[lib]サブフォルダからSpotfire Server インストレーションの[lib]サブフォルダにdriver JAR をコピーします。例:MySpotfireServerHomeDirectory/tomcat/lib

    Note:.lic ファイルはJAR と同じフォルダに配置される必要があります。

  2. [TIBCO Spotfire Server Configuration Tool]で[Configuration]タブをクリックし、[Configuration Start]ノードのデータソーステンプレートを選択します。
  3. 以下を使って新しいデータソーステンプレートを作成します:

    <jdbc-type-settings> <type-name>googleapps</type-name> <driver>cdata.jdbc.googleapps.GoogleAppsDriver</driver> <connection-url-pattern>jdbc:googleapps:</connection-url-pattern> <ping-command>SELECT * FROM Projects LIMIT 1</ping-command> <connection-properties> <connection-property> <key>OAuthClientId</key> <value>{MyOAuthClientId}</value> </connection-property> <connection-property> <key>OAuthClientSecret</key> <value>{MyOAuthClientSecret}</value> </connection-property> <connection-property> <key>CallbackURL</key> <value>{MyCallbackURL}</value> </connection-property> <connection-property> <key>Email</key> <value>{MyEmail}</value> </connection-property> </connection-properties> <fetch-size>10000</fetch-size> <batch-size>100</batch-size> <max-column-name-length>32</max-column-name-length> <table-types>TABLE, VIEW</table-types> <supports-catalogs>true</supports-catalogs> <supports-schemas>true</supports-schemas> <supports-procedures>false</supports-procedures> <supports-distinct>true</supports-distinct> <supports-order-by>true</supports-order-by> <column-name-pattern>"$$name$$"</column-name-pattern> <table-name-pattern>"$$name$$"</table-name-pattern> <schema-name-pattern>"$$name$$"</schema-name-pattern> <catalog-name-pattern>"$$name$$"</catalog-name-pattern> <procedure-name-pattern>"$$name$$"</procedure-name-pattern> <column-alias-pattern>"$$name$$"</column-alias-pattern> <string-literal-quote>'</string-literal-quote> <max-in-clause-size>1000</max-in-clause-size> <condition-list-threshold>10000</condition-list-threshold> <expand-in-clause>false</expand-in-clause> <table-expression-pattern>[$$catalog$$.][$$schema$$.]$$table$$</table-expression-pattern> <procedure-expression-pattern>[$$catalog$$.][$$schema$$.]$$procedure$$</procedure-expression-pattern> <procedure-table-jdbc-type>0</procedure-table-jdbc-type> <procedure-table-type-name></procedure-table-type-name> <date-format-expression>$$value$$</date-format-expression> <date-literal-format-expression>'$$value$$'</date-literal-format-expression> <time-format-expression>$$value$$</time-format-expression> <time-literal-format-expression>'$$value$$'</time-literal-format-expression> <date-time-format-expression>$$value$$</date-time-format-expression> <date-time-literal-format-expression>'$$value$$'</date-time-literal-format-expression> <java-to-sql-type-conversions>VARCHAR($$value$$) VARCHAR(255) INTEGER BIGINT REAL DOUBLE PRECISION DATE TIME TIMESTAMP</java-to-sql-type-conversions> <temp-table-name-pattern>$$name$$#TEMP</temp-table-name-pattern> <create-temp-table-command>CREATE TABLE $$name$$#TEMP $$column_list$$</create-temp-table-command> <drop-temp-table-command>DROP TABLE $$name$$#TEMP</drop-temp-table-command> <data-source-authentication>false</data-source-authentication> <lob-threshold>-1</lob-threshold> <use-ansii-style-outer-join>false</use-ansii-style-outer-join> <credentials-timeout>86400</credentials-timeout> </jdbc-type-settings>

  4. Spotfire Server service を再起動します。

ドライバーが標準SQL をサポートしているため、Spotfire Platform の使い慣れたインターフェースに data へのリアルタイム接続を統合します。Spotfire Professional 、およびJaspersoft Studio を含むその他のアプリケーションから data にアクセスするには、[Information Designer]でinformation linkを作成します。

カラムやフィルターを選択するごとに、Spotfire Server はinformation link下のSQL クエリをビルドします。[Open Data]をクリックしてSpotfire にデータをロードします。

これで帳票の作成者は、Spotfire データテーブルに基づいて ビジュアライゼーションをビルドできます。SQL クエリを書く必要はありません。帳票のビューアは、正確で最新の data を得ることができます。

 
 
ダウンロード