Data をTableau でビジュアライズ

CData ODBC driver for data は、Tableau ダッシュボードへの data 統合を可能にします。



CData ODBC Driver for は、Tableau でライブ data へのアクセスを可能にします。 data のカラムをデータビジュアライゼーションにドラグ&ドロップすると、Tableau はクエリを作成し に直接要求を出します。この記事では data をダッシュボードに統合します。

ダッシュボードに Data を追加

  1. 接続プロパティの指定がまだの場合は、DSN (データソース名)で行います。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってODBC DSN を作成および設定できます。一般的な接続プロパティは以下のとおりです:

    • OAuthClientId
    • OAuthClientSecret
    • CallbackURL
    • Email

    Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターで必要なプロパティを設定する方法は、ヘルプドキュメントの「はじめに」をご参照ください。

  2. [Connect to Data]>[More Servers]>[Other Databases (ODBC)]をクリックします。CData Data Source Name (DSN) を選択します;CData driver は64ビットおよび32ビットアプリケーションの両方をサポートしています。

  3. [Database]メニューでCData を選択します。
  4. [Table]ボックスにテーブル名を入力、または[New Custom SQL]をクリックしてSQL クエリを入力します。
  5. [Data Source]ページで、テーブルをjoin エリアにドラッグします。
  6. [Connection]メニューで[Live]オプションをクリックします。コピーデータのTableau へのロードをスキップして、代わりにリアルデータを扱うためです。さらに、データビジュアライゼーションを作成するたびにTableau が data に関連するクエリを実行するよう[Automatically Update]をクリックします。カラムはデータの種類に応じてDimensions およびMeasures としてリストされます。
  7. ワークシートのタブ上で、[Dimensions]ペインのカラムをダッシュボードにドロップします。dimensions を選択すると、Tableau はドライバーにクエリをビルドします。dimension の値は自動的にグループ化されます。クエリはdimensions およびmeasures を選択するたびに自動的に修正されます。

  8. [Measures]フィールドのカラムを、[Detail]および[Color]ボタンにドラッグします。measure を選択するとTableau はドライバーにコマンドを実行し、 グループ化された値でSUM、AVG などのsummary 関数を計算します。

    例えば、Size をTitle で表すシンプルなチャートを作成するには、Tableau は次のクエリを実行します:

    SELECT Title, Size FROM GDrive
  9. dimensions およびmeasures を使った別のチャートを作成してSQL クエリを視覚的にビルドできます:

 
 
ダウンロード