SSRS レポートサーバーにADO.NET Provider for Google Data Catalog を配置してGoogle Data Catalog 連携

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Google Data Catalog ADO.NET Provider

Google Data Catalog データに連携する.NET アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。



SSRS レポートサーバーからGoogle Data Catalog データに連携してレポートを作成。ネイティブモードレポートサーバーでも、SharePoint farm でも。



この記事では、CData ADO.NET Provider for Google Data Catalog をSSRS レポートサーバーで配布する方法を説明します。また、共有データソースも作成します;共有データソースは、複数の帳票からライブGoogle Data Catalog への接続を可能にします。共有データソースへは、Visual Studio のレポートデザイナーから接続できます。

ADO.NET Provider の配置

ネイティブモードのレポートサーバー、およびSharePoint server farm の一部としてインストールされたレポートサーバーに、同じ手順でプロバイダーを配布できます。プロバイダーに同梱されているInstallProvider.exe ユーティリティを使って、レポートサーバーにプロバイダーを配布します。InstallProvider.exe は、プロバイダーのインストールディレクトリの[lib]ブフォルダ内にあります。SQL サーバーのバージョン用のexe ファイルとSSRS フォルダを、配布するマシンにコピーします。/installssrs flag でexe ファイルを実行します。

.\InstallProvider.exe /installssrs PathToFolderWithSSRSDLL

Google Data Catalog に共有データソースを作成

レポートサーバーから直接、またはSharePoint サイトから共有データソースを作成できます。あるいは、レポートデザイナーを使って作成することも可能です。

レポートデザイナー

レポートデザイナーを使って、ネイティブモードのレポートサーバーまたはSharePoint server farm のレポートサーバーで、共有データソースを作成できます。

  1. レポートサーバープロジェクトで、[ソリューション エクスプローラー]の[Shared Data Sources]を右クリックします。
  2. データソースに名前を入力し、[Type]メニューでCData GoogleDataCatalog Report を選択します。
  3. [接続文字列]ボックスでGoogle Data Catalog に接続するための接続文字列を入力します。一般的な接続文字列は次のとおりです。 ProjectId=YourProjectId;

    Google Data Catalog uses the OAuth authentication standard. Authorize access to Google APIs on behalf on individual users or on behalf of users in a domain.

    Before connecting, specify the following to identify the organization and project you would like to connect to:

    • OrganizationId: The ID associated with the Google Cloud Platform organization resource you would like to connect to. Find this by navigating to the cloud console.

      Click the project selection drop-down, and select your organization from the list. Then, click More -> Settings. The organization ID is displayed on this page.

    • ProjectId: The ID associated with the Google Cloud Platform project resource you would like to connect to.

      Find this by navigating to the cloud console dashboard and selecting your project from the Select from drop-down. The project ID will be present in the Project info card.

    When you connect, the OAuth endpoint opens in your default browser. Log in and grant permissions to the application to completes the OAuth process. For more information, refer to the OAuth section in the Help documentation.

  4. プロジェクトのプロパティに、フォルダとサーバーURL を設定します。SharePoint にパブリッシュしている場合は、すべてのプロパティの値は有効なURLである必要があります。
  5. 共有データソースを右クリックし[Deploy]をクリックします。

レポートサーバー

レポートサーバーのネイティブモードのインストールでは、Report Manager を使って共有データソースを作成できます。レポートサーバーでデータソースを管理する権限が必要です。

  1. Report Manager のHome ページから[New Data Source]をクリックします。[New Data Source]ページが表示されます。
  2. データソースに名前を入力し、[Data Source Type]メニューでCData GoogleDataCatalog Report を選択します。
  3. [接続文字列]ボックスでGoogle Data Catalog に接続するための接続文字列を入力します。一般的な接続文字列は次のとおりです。 ProjectId=YourProjectId;

    Google Data Catalog uses the OAuth authentication standard. Authorize access to Google APIs on behalf on individual users or on behalf of users in a domain.

    Before connecting, specify the following to identify the organization and project you would like to connect to:

    • OrganizationId: The ID associated with the Google Cloud Platform organization resource you would like to connect to. Find this by navigating to the cloud console.

      Click the project selection drop-down, and select your organization from the list. Then, click More -> Settings. The organization ID is displayed on this page.

    • ProjectId: The ID associated with the Google Cloud Platform project resource you would like to connect to.

      Find this by navigating to the cloud console dashboard and selecting your project from the Select from drop-down. The project ID will be present in the Project info card.

    When you connect, the OAuth endpoint opens in your default browser. Log in and grant permissions to the application to completes the OAuth process. For more information, refer to the OAuth section in the Help documentation.

SharePoint

SharePoint サイトで共有データソースを作成する方法は、次のとおりです。レポートサーバーcontent タイプをライブラリに追加していない場合は、追加しておく必要があります:

  1. SharePoint にログインし、.rsds ファイルを保存したいライブラリを開きます。
  2. [Library Tools]タブで[Settings]リボングループから[Library Settings]をクリックします。
  3. [General Settings]セクションで[Advanced Settings] をクリックします。
  4. [Content Types]セクションで[Yes]を選択し、cntent タイプの管理を許可します。[Content Types]セクションは[Library Settings]ページに追加されます。
  5. 既存のサイトcontent タイプから[Add]をクリックします。
  6. [Available Site Content Types]リストから[レポートデータソース]を選択し、[Add]をクリックします。

これで、共有データソースを作成できます。Google Data Catalog への接続情報を含む.rsds ファイルを作成します。

  1. SharePoint にログインし、.rsds ファイルを保存したいライブラリを開きます。
  2. [Library Tools]タブで[Documents]>[Create Document]>[Report Data Source]をクリックします。
  3. データソースに名前を入力します。
  4. [Data Source Type]メニューでCData GoogleDataCatalog Report を選択します。
  5. [接続文字列]ボックスでGoogle Data Catalog に接続するための接続文字列を入力します。一般的な接続文字列は次のとおりです。 ProjectId=YourProjectId;

    Google Data Catalog uses the OAuth authentication standard. Authorize access to Google APIs on behalf on individual users or on behalf of users in a domain.

    Before connecting, specify the following to identify the organization and project you would like to connect to:

    • OrganizationId: The ID associated with the Google Cloud Platform organization resource you would like to connect to. Find this by navigating to the cloud console.

      Click the project selection drop-down, and select your organization from the list. Then, click More -> Settings. The organization ID is displayed on this page.

    • ProjectId: The ID associated with the Google Cloud Platform project resource you would like to connect to.

      Find this by navigating to the cloud console dashboard and selecting your project from the Select from drop-down. The project ID will be present in the Project info card.

    When you connect, the OAuth endpoint opens in your default browser. Log in and grant permissions to the application to completes the OAuth process. For more information, refer to the OAuth section in the Help documentation.