RAD Studio Data Explorer でGoogle Data Catalog データを表示

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Google Data Catalog FireDAC Components

Google Data Catalog データに連携するDelphi & C++Builder アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。



CData FireDAC Components for Google Data Catalog を使用して、RAD Studio Data Explorer でGoogle Data Catalog を表示する方法

Embarcadero RAD Studio は、Delphi およびC++Builder アプリケーション用の開発環境を提供します。CData FireDAC Components for Google Data Catalog を利用してRAD Studio 内のライブGoogle Data Catalog にアクセスし、データの取得の両方に使用できるテーブル、ビュー、ストアドプロシージャにデータを抽象化します。この記事では、Data Explorer を使用したGoogle Data Catalog への接続について説明します。

Data Explorer を使用してGoogle Data Catalog データに接続する

CData FireDAC Components for Google Data Catalog と新しいVCL フォームアプリケーションを利用して、Google Data Catalog を表示するための簡単なアプリケーションを作成できます。

  1. RAD Studio で[Data Explorer]を開き、[FireDAC]を展開します。
  2. [CData Google Data Catalog Data Source]で右クリックし、[Add New Connection]をクリックします。

  3. 接続に名前を付けます。
  4. 必要なパラメータを入力し、[OK]をクリックします。

    Google Data Catalog uses the OAuth authentication standard. Authorize access to Google APIs on behalf on individual users or on behalf of users in a domain.

    Before connecting, specify the following to identify the organization and project you would like to connect to:

    • OrganizationId: The ID associated with the Google Cloud Platform organization resource you would like to connect to. Find this by navigating to the cloud console.

      Click the project selection drop-down, and select your organization from the list. Then, click More -> Settings. The organization ID is displayed on this page.

    • ProjectId: The ID associated with the Google Cloud Platform project resource you would like to connect to.

      Find this by navigating to the cloud console dashboard and selecting your project from the Select from drop-down. The project ID will be present in the Project info card.

    When you connect, the OAuth endpoint opens in your default browser. Log in and grant permissions to the application to completes the OAuth process. For more information, refer to the OAuth section in the Help documentation.

  5. [Data Explorer]に戻り、接続のビューを展開します。
  6. 新しいVCL フォームアプリケーションを作成し、ビュー (例: Schemas) をフォームにドラッグします。

  7. フォーム上のSchemasビューオブジェクトを選択し、[Active]プロパティを[true]に設定します。
  8. [object]を右クリックして視覚的にバインドし、すべて(*)を新しいコントロール(TStringGrid)にリンクします。

  9. TStringGrid をフォームに配置し、アプリケーションを実行してSchemas データを確認します。