MicroStrategy Web でCData JDBC Driver for Google Data Catalog を使用

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Google Data Catalog JDBC Driver

Google Data Catalog データに連携するJava アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。



CData JDBC Driver for Google Data Catalog を使用してMicroStrategy Web からGoogle Data Catalog データに接続。

MicroStrategy は、データドリブンイノベーションを可能にする分析およびモバイルプラットフォームです。MicroStrategy とCData JDBC Driver for Google Data Catalog を組み合わせると、MicroStrategy からデータベースと同じようにライブGoogle Data Catalog データにアクセスできるようになり、レポート機能と分析機能が拡張されます。この記事では、MicroStrategy Web の外部データソースとしてGoogle Data Catalog を追加し、Google Data Catalog データの簡単なビジュアライゼーションを作成する方法について説明します。

CData JDBC ドライバーは、ドライバーに組み込まれている最適化されたデータ処理により、MicroStrategy でライブGoogle Data Catalog データとやり取りするための比類のないパフォーマンスを提供します。MicroStrategy からGoogle Data Catalog に複雑なSQL クエリを発行すると、ドライバーはフィルタや集計などのサポートされているSQL 操作をGoogle Data Catalog に直接プッシュし、組み込まれたSQL エンジンを利用してサポートされていない操作(主にSQL 関数とJOIN 操作)をクライアント側で処理します。ビルトインの動的メタデータクエリを使用すると、ネイティブのMicroStrategy データタイプを使用してGoogle Data Catalog データをビジュアライズおよび分析できます。

MicroStrategy Web を使用してGoogle Data Catalog データに接続し、ビジュアライズする

CData JDBC Driver for Google Data Catalog を使用したデータソースを追加することにより、MicroStrategy Web のGoogle Data Catalog に接続できます。*始める前に、MicroStrategy Web のインスタンスが接続されているMicroStrategy Intelligence Server をホストするマシンにJDBC Driver for Google Data Catalog をインストールする必要があります。データソースを作成したら、MicroStrategy Web でGoogle Data Catalog データの動的なビジュアライゼーションを構築できます。

  1. MicroStrategy Web を開き、プロジェクトを選択します。
  2. [Add External Data]をクリックし、[Databases]を選択して[Import Option]として[Select Tables]を使用します。
  3. [Import from Tables]ウィザードでクリックして新しいデータソースを追加します。
  4. [Database]メニューで[Generic]を選択し、[Version]メニューで[Generic DBMS]を選択します。
  5. リンクをクリックして接続文字列を表示し、接続文字列を編集するオプションを選択します。「Driver」メニューで、「MicroStrategy Cassandra ODBC Driver」を選択します。(MicroStrategy では、JDBC を介してインターフェースするために認定ドライバーが必要なだけで、実際のドライバーは使用されません。
  6. 接続文字列を次のように設定します。 JDBC;MSTR_JDBC_JAR_FOLDER=PATH\TO\JAR\;DRIVER=cdata.jdbc.googledatacatalog.GoogleDataCatalogDriver;URL={jdbc:googledatacatalog:ProjectId=YourProjectId;};

    Google Data Catalog uses the OAuth authentication standard. Authorize access to Google APIs on behalf on individual users or on behalf of users in a domain.

    Before connecting, specify the following to identify the organization and project you would like to connect to:

    • OrganizationId: The ID associated with the Google Cloud Platform organization resource you would like to connect to. Find this by navigating to the cloud console.

      Click the project selection drop-down, and select your organization from the list. Then, click More -> Settings. The organization ID is displayed on this page.

    • ProjectId: The ID associated with the Google Cloud Platform project resource you would like to connect to.

      Find this by navigating to the cloud console dashboard and selecting your project from the Select from drop-down. The project ID will be present in the Project info card.

    When you connect, the OAuth endpoint opens in your default browser. Log in and grant permissions to the application to completes the OAuth process. For more information, refer to the OAuth section in the Help documentation.

    組み込みの接続文字列デザイナー

    JDBC URL の構築については、Google Data Catalog JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナーを使用してください。JAR ファイルをダブルクリックするか、コマンドラインからjar ファイルを実行します。

    java -jar cdata.jdbc.googledatacatalog.jar

    接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

    JDBC URL を構成する際に、Max Rows 接続プロパティも設定できます。これにより返される行数が制限されるため、レポートやビジュアライゼーションをデザインするときのパフォーマンスを向上させることができます。

  7. 新しいデータソースで右クリックし、「Edit catalog options」を選択します。
  8. SQL Statement をSELECT * FROM SYS_SCHEMAS に編集し、JDBC Driver からメタデータを読み取ります。
  9. 新しいデータソースを選択して使用可能なテーブルを表示します。テーブルを表示するには、「Available Tables」セクションの検索アイコンを手動でクリックする必要があります。
  10. テーブルをペインにドラッグしてインポートします。 Note:ライブ接続を作成するので、テーブル全体をインポートしてMicroStrategy 製品に固有のフィルタリングおよび集計機能を利用してデータセットをカスタマイズできます。
  11. [Finish]をクリックして、ライブ接続するオプションを選択してクエリを保存し、新しいドシエを作成するオプションを選択します。CData JDBC ドライバーにネイティブな高性能データ処理を使用して、高性能なライブ接続が可能です。
  12. ビジュアライゼーションを選択して表示するフィールドを選択し、フィルタを適用してGoogle Data Catalog データの新しいビジュアライゼーションを作成します。データ型は動的なメタデータ検出によって自動的に検出されます。可能であれば、フィルタと集計によって生成された複雑なクエリはGoogle Data Catalog にプッシュダウンされ、サポートされていない操作(SQL 関数とJOIN 操作を含む)は、ドライバーに組み込まれたCData SQL エンジンによってクライアント側で管理されます。
  13. ドシエの構成が完了したら、[File]->[Save]とクリックします。

CData JDBC Driver for Google Data Catalog をMicroStrategy Web で使用することで、Google Data Catalog データで強固なビジュアライゼーションとレポートを簡単に作成することができます。その他の例については、MicroStrategy でGoogle Data Catalog に接続MicroStrategy Desktop でGoogle Data Catalog に接続をお読みください。


Note:JDBC Driver を使用して接続するには、3- または 4-Tier Architecture が必要です。