Google Data Catalog データをFileMaker Pro にインポート

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Google Data Catalog ODBC Driver

Google Data Catalog ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからAGoogle Data Catalog にデータ連携。

Google Data Catalog データにデータベースと同感覚でアクセスして、Google Data Catalog データに使い慣れたODBC インターフェースで双方向連携。



Google Data Catalog をFilemaker Pro に統合するレポートを作成。



CData ODBC driver の特長の一つに、多くのアプリケーションに渡るユビキタスサポートがあります。この記事では、FileMaker Pro でODBC ドライバーを設定してGoogle Data Catalog を使ってデータビジュアライゼーションを作成します。

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

FileMaker Pro でGoogle Data Catalog データをクエリ

接続プロパティが未設定の場合は、まずODBC DSN(データソース名)で設定します。これはドライバーのインストールの最後の手順です。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってODBC DSN を作成および設定できます。

  • ProjectId

Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターで必要なプロパティを設定する方法は、ヘルプドキュメントの「はじめに」をご参照ください。

Google Data Catalog uses the OAuth authentication standard. Authorize access to Google APIs on behalf on individual users or on behalf of users in a domain.

Before connecting, specify the following to identify the organization and project you would like to connect to:

  • OrganizationId: The ID associated with the Google Cloud Platform organization resource you would like to connect to. Find this by navigating to the cloud console.

    Click the project selection drop-down, and select your organization from the list. Then, click More -> Settings. The organization ID is displayed on this page.

  • ProjectId: The ID associated with the Google Cloud Platform project resource you would like to connect to.

    Find this by navigating to the cloud console dashboard and selecting your project from the Select from drop-down. The project ID will be present in the Project info card.

When you connect, the OAuth endpoint opens in your default browser. Log in and grant permissions to the application to completes the OAuth process. For more information, refer to the OAuth section in the Help documentation.

これで、Filemaker Pro のテーブルにGoogle Data Catalog をロードできます。

  1. 新しいデータベースで[File]→[Import Records]→[Data Source]をクリックし、CData Google Data Catalog DSN を選択します。
  2. [SQL Query Builder]ウィザードが表示されたら、テーブルと列を選択して[Insert into SQL Query]をクリックします。このクエリは直接編集できます。テーブルからすべての行を選択するには、次のクエリを使います。

    SELECT * FROM Schemas

    UI を使いWHERE タブをクリックすることで、WHERE 句にフィルタをビルドできます。

  3. [Import Field Mapping]ウィザードが表示されたら、データソースの列からデスティネーションテーブルの列にマッピングを定義できます。クエリ結果に新しいテーブルを作成するには、[Target]ボックスから[New Table ("CData GoogleDataCatalog Source")]を選択し[Import]をクリックします。

ドライバーがサポートするSQL の詳細は、ヘルプドキュメントを参照してください。

デザイン時のデータ処理

テーブルをブラウズしながら、summary 関数の計算のみならずデータのソートや集計ができます。デザイン時にデータのビューを操作するには、まず以下2つの手順を行います。

  1. ブラウズモードに切り替える:アプリケーションのフッターにある[Mode]ポップアップメニューをクリックします。
  2. テーブルビューに切り替える:アプリケーションのメインツールバーにある[View As]メニューのテーブルアイコンをクリックします。

アグリゲートとサマライズ

下記の手順に従って、下図のように列の値をグループ化してサマリーを表示します。

  1. Sort:Type 列を右クリックして[Sort Ascending]をクリックします。
  2. Group:Type 列を右クリックし、[Add Trailing Group by Type ]をクリックして値をグループ化し、その後にsummary 計算が挿入される行を作成します。[Add Leading Group]をクリックしてグループにサマリーを加えます。
  3. Summarize:グループ化された列を右クリックして[Trailing Subtotals]メニューからサマリーを選択します。

下図は、グループ内の行数およびランニングカウントを表します。

レポートにチャートを追加

下記の手順に従って、各Type の全DatasetName を示す簡単な棒グラフを作成します。

  1. DatasetName を右クリックし[Chart by DatasetName]をクリックします。[Table]ビューで列をグループ化済みの場合、例えばType は、Type でDatasetName をチャートするオプションを選択できます。
  2. [Chart Setup]ウィンドウでチャートを描画する列を選択:x 軸に列を追加するには、[Data]ボックスの隣のボタンをクリックします。

x 軸とy 軸を選択するとチャートが描かれます。[Chart Setup]でもデータの処理が可能です。次のオプションを設定すると下図のチャートを作成できます。

  1. y 軸の合計を計算:[Data]ボックスとなりのy 軸のボタンをクリックして[Specify Calculation]を選択します。それからSUM 関数と、例えばcolumn、Shipcountry を選択します。
  2. [Summary]メニューでy 軸のサマリーを選択します。
  3. [Axis Options]セクションでチャートをカスタマイズ:'Show data points on chart' オプションを有効にするか、ラベルの角度を指定します。